10席限定!2019年元旦に台湾上空で初日の出フライトを体験できるアクティビティが発売されました

台湾初日の出フライトが10席限定で発売

 

初日の出フライトといえばANAやJALの初日の出フライトが人気ですが、大人気のため予約が困難ですし窓側の座席を確保しようとすると2名で10万円ほどの料金になります。

ANAやJALの初日の出フライトも憧れますが台湾でも初日の出フライトを体験することができます。

ベルトラによる2019年台湾初日の出フライト

2019年台湾初日の出フライトは、世界各地の現地オプショナルツアー専門予約サイトの『ベルトラ』で予約することができます。日本の旅行代理店としてはベルトラだけの限定発売となっています。

初日の出フライトは、台北松山空港を出発して地上約7600mまで上昇した機内から2019年初日の出を観賞するというものです。台北松山空港を出発後は台東空港へと向かい、台東空港到着後、朝食に舌鼓を打ち、再び松山空港へと戻るという内容となっています。

基本プランのタイムスケジュールは以下のとおりです。

基本プラン

4:30AM:台北松山空港チェックイン

6:00AM:台北松山空港を出発

(台湾の地平線から現れる初日の出を堪能)

7:00AM:台東空港に到着

(空港内で2019年最初の朝食)

8:40AM:台東空港を出発

9:30AM:台北松山空港に到着

また、台東観光がセットとなったプランもあり、このプランの場合は、台東空港での朝食の後、プユマ族の伝統的行事である大獵祭の見学や、加路蘭海岸でインスタ映えするアート作品の見学などをして午後22時30分に台北松山空港に戻ってくることになります。

この台湾初日の出フライトの料金は、基本プランで1名あたり6,600TWD(約24,000円)、台東観光がセットとなったプランで8,410TWD(約31,000円)と、ANAやJALの初日の出フライトと比べて安くなっています。

10席限定となっているこの台北初日の出フライトの詳細は以下のリンクから確認できます。
【2019年1月1日限定】台北初日の出フライト!誰よりも高い場所から初日の出を観賞! 台東観光付きプランあり<朝食/航空券込/台北発>

年末年始を台湾で過ごそうと考えている人は、台湾旅行のついでに初日の出フライトを楽しむのもありかもしれませんね。

台湾に行くならオンラインでの入国申請が便利

年末年始に限らず台湾に行く場合は、日本から事前にオンラインで入国申請しておくと台湾行きの機内で入国カードを記入する必要がなくなるためとても便利です。ネットでとても簡単に申請できるため台湾に行く際にはぜひ利用してみてください。

オンライン入国申請の具体的な方法は以下の記事に書いています。
台湾旅行では面倒な入国カード記入は不要!オンライン申請の方法を解説

また、1年に3回以上台湾を訪れている人は、常客証を申請しておけば入出国審査で専用レーンを利用することができるためスピーディーに入出国審査を済ませることができます。
台湾に年3回以上行くなら「常客証」の申請がおすすめ!空港の入出国審査で並ぶ必要がなくなります

SIMフリーのスマホを使っている人は日本でプリペイドSIMを購入しておくと便利

海外でも自分のスマホでネットに接続できると非常に便利です。

SIMフリーのスマホを使っている人やSIMロック解除済のスマホを使っている人は、日本にいるうちに台湾で使えるプリペイドSIMカードを購入し機内でSIMカードを交換しておけば台湾に着くと同時にスマホでネットに接続することができます。台湾の空港でプリペイドSIMを購入してもいいですが、たくさんの観光客が順番待ちをしているケースが多く時間の無駄になるので事前に日本で購入しておけばノンストレスです。
【日本で購入可能】台湾のプリペイドSIMカードFareastone(遠傳電信) 4G LTEを日本で事前購入して使ってみた感想

残念ながらプリペイドSIMが使えない場合はWi-Fiをレンタルしましょう。
安い!簡単!便利!台湾現地空港Wifiカウンターで受け取れる!【Funwifi】

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで12,000スターポイント

12,000スターポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。