マリオットとSPGプログラム統合後のホテルカテゴリーがついに発表!ポイント無料宿泊で狙い目なホテルは?

マリオットとSPGの統合後ホテルカテゴリー

 

8月に控えたマリオットとSPGのプログラム統合ですが、ついに統合後のホテルカテゴリーリストが発表されました。

日本のホテルがどのようなカテゴリーになるのか取り急ぎ調べてみました。

マリオット・SPGプログラム統合後の新ホテルカテゴリー

日本にあるマリオット・リッツ・SPGのホテルカテゴリーとポイント無料宿泊に必要となるポイント数は以下のようになります。

なお、青字は統合後のポイント数が減少となるホテル、赤字は逆にポイント数が増加することになるホテルとなっています。

ホテル名 現Pt数 新Pt数 増減 新カテゴリー
フォーポイントバイシェラトン函館 30,000 25,000 -5,000 4
コートヤード新大阪ステーション 35,000 35,000 0 5
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 35,000 35,000 0 5
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション 40,000 35,000 -5,000 5
富士マリオット・ホテル山中湖 35,000 35,000 0 5
伊豆マリオットホテル修善寺 35,000 35,000 0 5
軽井沢マリオットホテル 35,000 35,000 0 5
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 30,000 35,000 5,000 5
琵琶湖マリオット・ホテル 35,000 35,000 0 5
モクシ―大阪本町 35,000 35,000 0 5
モクシ―東京錦糸町 35,000 35,000 0 5
名古屋マリオットアソシアホテル 30,000 35,000 5,000 5
南紀白浜マリオットホテル 35,000 35,000 0 5
ルネッサンス・リゾート・ナルト 35,000 35,000 0 5
シェラトングランドホテル広島 36,000 35,000 -1,000 5
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 36,000 35,000 -1,000 5
シェラトン北海道キロロリゾート 36,000 35,000 -1,000 5
シェラトン都ホテル大阪 30,000 35,000 5,000 5
キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道 30,000 35,000 5,000 5
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 30,000 35,000 5,000 5
ウェスティン都ホテル京都 36,000 35,000 -1,000 5
ウェスティンホテル大阪 36,000 35,000 -1,000 5
ウェスティンホテル仙台 36,000 35,000 -1,000 5
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 36,000 35,000 -1,000 5
オキナワマリオット リゾート&スパ 40,000 50,000 10,000 6
大阪マリオット都ホテル 40,000 50,000 10,000 6
ルネッサンス・オキナワ・リゾート 40,000 50,000 10,000 6
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 60,000 50,000 -10,000 6
シェラトン都ホテル東京 36,000 50,000 14,000 6
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 60,000 50,000 -10,000 6
ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション 40,000 50,000 10,000 6
ウェスティンホテル東京 60,000 50,000 -10,000 6
東京マリオットホテル 40,000 50,000 10,000 6
ザ・リッツ・カールトン沖縄 60,000 60,000 0 7
ザ・リッツ・カールトン大阪 50,000 60,000 10,000 7
ウェスティン ルスツリゾート 60,000 60,000 0 7
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 90,000 85,000 -5,000 8
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル 90,000 85,000 -5,000 8
ザ・リッツ・カールトン京都 70,000 85,000 15,000 8
ザ・リッツ・カールトン東京 70,000 85,000 15,000 8
セントレジスホテル大阪 90,000 85,000 -5,000 8

ポイント無料宿泊の際に必要となるポイント数がアップするホテルが14ホテル、減少するホテルが15ホテル、増減なしが12ホテルとなっています。

統合後のプログラムでは無料宿泊で必要となるポイント数はシーズンにより異なってきますが、上表の新ポイント数はスタンダードのポイント数となっています。統合後のポイント制度の詳細は以下の記事をご覧ください。
マリオットとSPGの統合による新プログラムの内容がついに正式発表!気になるその内容は?

2018年8月から2019年初頭まではカテゴリー8のホテルが狙い目

統合後プログラムで最上位となるカテゴリー8に位置づけられるのは日本のホテルは以下の5つになりますが、ポイント無料宿泊をするのであれば2018年8月から2019年初頭まではこのカテゴリー8のホテルがおすすめです。

  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
  • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル
  • ザ・リッツ・カールトン京都
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • セントレジスホテル大阪

なぜかというとカテゴリー8が設定されるのは2019年初頭のため、それまでカテゴリー8のホテルはカテゴリー7として扱われることになるからです。つまり、本来は1泊85,000ポイント必要なところ60,000ポイントで宿泊できてしまうことになります。あまりにお得すぎて心配になってしまいますがマリオットの公式サイトでも言及されており実際に得して利用できそうです。

カテゴリー8については、2019年初頭の設置を予定しています。それまで、カテゴリー8の候補となっているホテルは一時的にカテゴリー7に分類されます。つまり、1泊あたり25,000ポイントも安く、かなりお得にご利用いただけることになります。
8月からのポイント交換レートのプレビュー

60,000ポイントは現行SPGのスターポイントだと20,000スターポイントなので頑張れば貯まるポイント数ではないでしょうか。

もちろん日本のホテルに限らず世界中にあるカテゴリー8のホテルが対象となります。

2018/8/1追記

SPGアメックスを更新した場合の継続ボーナスによる無料宿泊特典の内容が発表され、これまでのカテゴリーベースからポイントベースへと変更になり、1泊50,000ポイントまでのホテルに無料宿泊できることになりました。
やはりSPGアメックスは継続すべき!?統合後ステータスと継続ボーナス(無料宿泊特典)の内容がついに発表!

台湾のホテルは軒並み必要ポイント数ダウンで狙い目

SPGアメックスを所有してから海外のマリオットグループのホテルはまだ台湾しか利用していませんが、台湾のホテルがどうなるか確認してみたところ無料宿泊に必要となるポイント数が軒並み下がっていて驚きました。

台湾マリオットホテルカテゴリー

台湾にあるマリオット・SPGホテル15軒のうちなんと14軒のホテルで必要ポイント数がダウンとなっていました。その中でも『コートヤード台北』は現行よりも7,500ポイント下がって12,500ポイントで宿泊できるようになるのでおすすめです。

個人的には日本のコートヤード系ホテルより格段に快適だったので、今後も台湾に行くときには利用したいと思っています。『コートヤード台北』に宿泊してアップグレードしてもらえたときの記事はこちらです。
コートヤードバイマリオット台北に宿泊してSPGアメックスパワーでエグゼクティブルームにアップグレード

『台北マリオット・ホテル』もすごく満足できるホテルでしたが、ことらも5,000ポイント減の25,000ポイントで宿泊できるのでおすすめしたいです。
台北マリオットホテル(台北萬豪酒店)に無料宿泊してSPGアメックスパワーで客室も2段階アップグレード!

最も必要ポイント数がアップするホテルとダウンするホテル

おまけのような情報ですが世界中のマリオットホテルの中で無料宿泊に必要なポイント数が最もアップするホテルと逆に最もダウンするホテルも調べてみました。

最も必要ポイント数がアップするホテル

ドームズ・オブ・エロウンダ、オートグラフ コレクション

統合後プログラムで無料宿泊に必要となるポイント数が最もアップするホテルはギリシャの『ドームズ・オブ・エロウンダ、オートグラフ コレクション』です。

ドームズ オブ エロウンダ, オートグラフ コレクション

『ドームズ・オブ・エロウンダ、オートグラフ コレクション』はギリシャのクレタ島にあるスイートとヴィラだけの個性的なリゾートホテルで、スピナロンガ島とベネチア様式の城の絶景を満喫できるのだそうです。

最上位であるカテゴリー8となることで必要ポイント数は45,000ポイントから一気に40,000ポイントもアップして85,000ポイントとなります。リゾート感と高級感が満載でうっとりしてしまいますね。

最も必要ポイント数がダウンするホテル

統合後プログラムで無料宿泊に必要となるポイント数が最もダウンするホテルは以下の3軒でした。

ラスアルコバス,ラグジュアリーコレクションホテル,ナパヴァレー

ラスアルコバス,ラグジュアリーコレクションホテル,ナパヴァレー(アメリカ)

セントレジス・サンフランシスコ

セントレジス・サンフランシスコ(アメリカ)

Wバリースミニャック

Wバリースミニャック(インドネシア)

いずれも統合後のカテゴリーは最上位のカテゴリー8に次ぐカテゴリー7で、必要ポイント数は90,000ポイントから30,000ポイント減って60,000ポイントとなります。

必要ポイントが減ったとはいえどれも高級ホテルばかりです。

最後に

ようやくマリオットとSPGの統合後ホテルカテゴリーが発表となりました。また、ここでは触れていませんがトラベルパッケージも発表があり改悪となっています。

他にマリオットとSPGの統合に関してこれまでに発表があった内容には以下もあります。

プログラム統合後のホテルカテゴリーはマリオットの公式サイトで確認することができます。
https://points-redemption.marriott.com/category-change

必要ポイント数がアップするホテルについては2018年8月までに予約しておく方がいいでしょう。また、カテゴリー8のホテルについては2018年8月から2019年初頭までは60,000ポイントで宿泊できるため、現在のポイント数が60,000ポイントより高いホテルに宿泊するのであれば2018年8月以降に予約し、現在のポイント数が60,000ポイントより低いホテルに宿泊するのであれば今のうちに予約しておくのが正解でしょう。

といってもカテゴリー8となるホテルのうち現在60,000ポイント未満で宿泊できるのは、最もポイント数がアップする上述したギリシャの『ドームズ・オブ・エロウンダ、オートグラフ コレクション』だけのようです。

また、SPGアメックスの継続によりもらえる無料宿泊特典ですが、こちらは対象となるカテゴリーがまだ発表されていませんので気になるところです。
SPGアメックス紹介キャンペーンは12,000ポイントが貰える!高級ホテルに無料で泊まれるSPGアメックスのメリットを解説!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで36,000ポイント

36,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。