【韓国】フェアフィールドバイマリオットソウル宿泊記!空港からアクセス便利でコスパに優れたホテル

フェアフィールドバイマリオットソウル宿泊記

 

ゴールデンウィークは2泊3日で韓国に行き、初日はマリオットグループのホテル『フェアフィールドバイマリオットソウル』(Fairfield by Marriott Seoul)に宿泊してきました。

キレイでモダンな部屋なのに日本円にして1泊1万円を切る料金とコストパフォーマンスにも優れており、しかも空港からバスでのアクセスも便利でした。

フェアフィールドバイマリオットソウルについて

フェアフィールドバイマリオットソウル

フェアフィールドバイマリオットソウルは韓国の永登浦(ヨンドゥンポ)区にあるマリオットグループのホテルです。

フェアフィールドといえば、2020年には京都、和歌山、三重、岐阜、栃木の5府県で、「道の駅」に日本初上陸する予定となっています。

そんなフェアフィールドブランドですが、リッツカールトンやセントレジスといったラグジュアリーブランドとは異なりマリオットの中では比較的低価格展開をしているホテルブランドとなります。

マリオットの中で同じような価格帯のブランドとしてはモクシーなどがあります。
マリオット・プラチナチャレンジ モクシー東京錦糸町はブルックリン調で遊び心満載のリーズナブルなホテル

フェアフィールドバイマリオットソウルのホテルカテゴリーは3とカテゴリーランクは決して高くないですが口コミやレビューでも比較的高評価を得ています。

フェアフィールドバイマリオットソウルの概要
  • 名称:フェアフィールド・バイ・マリオット・ソウル
  • 所在地:07306ソウル143-3 Yeongdeungpo-dong 1-ga, Yeongdeungpo-gu 大韓民国
  • TEL:+82 2-2108-9000
  • 客室数:572室
  • チェックイン:3:00p.m.
  • チェックアウト:12:00p.m.
  • マリオットホテルカテゴリー:3

客室タイプは以下のとおりとなっておりフェアフィールドバイマリオットソウルにはスイートルームはありません。

客室タイプ 広さ
プレミアルーム(1キング・2ツイン) 23㎡
スーペリアシングルルーム 23㎡
デラックスルーム(1キング・2ツイン) 23㎡
デラックスプレミアルーム(1キング・2ツイン) 23㎡
ファミリールーム 43㎡

ファミリールームを除く客室の広さは23㎡なので家族連れでの宿泊や広々とした部屋で快適に過ごしたいと考えている人にはあまり向いていないかもしれません。

フェアフィールドバイマリオットソウルへのアクセスは空港リムジンバスが便利

フェアフィールドバイマリオットソウルから50メートルほどの距離にあるロッテ百貨店付近に永登浦駅というバス停があり、永登浦駅には空港リムジンバスが停車します。

韓国の首都ソウルを訪れる場合は金浦国際空港か仁川国際空港のどちらかを利用するのが一般的ですが、6008番の空港リムジンバスに乗れば金浦国際空港・仁川国際空港どちらの空港からも乗り換え無しでアクセスできます。帰りも同じ永登浦駅から6008番のリムジンバスに乗ればどちらの空港にも行くことができます。

僕は金浦国際空港→フェアフィールドバイマリオットソウル、フェアフィールドバイマリオットソウル→仁川国際空港という経路だったのですがどちらも6008番のリムジンバスで移動しました。

リムジンバスは金浦国際空港ー永登浦駅が片道4,000₩(約378円)で、仁川国際空港ー永登浦駅が片道9,000₩(約852円)とかなり安い金額で乗ることができます。

ちなみにグーグルマップで行き方を検索すると空港からフェアフィールドソウルに向かう場合はタイムズスクエア付近のバス停で下車し、逆にフェアフィールドソウルから空港に向かう場合はホテルからワンブロック離れたバス停から乗車するよう検索結果に表示されます。しかし、行きも帰りもロッテ百貨店近くの永登浦駅というバス停を利用できるのでそちらを利用する方が便利です。

ストリートビューで確認してみるとフェアフィールドバイマリオットソウルはまだ建設中になっているので、グーグルマップの検索結果はかなり古い情報なのかもしれませんね。

フェアフィールドバイマリオットソウルでのアップグレード

フェアフィールドバイマリオットソウルはマリオットボンヴォイのカテゴリーが3なのでポイントを使えば1泊17,500ポイントで宿泊できるのですが、プレミアルームだと1泊9,000円ほどで宿泊できるのでポイントを使うのはもったいないと判断して利用を控えました。この安さはプラチナチャレンジにいいかもしれませんね。

リムジンバスを降りてチェックインを済ませると21階の部屋にアップグレードしたと教えてもらえました。レイトチェックアウトも16時まで認めてもらうことができました。

フェアフィールドバイマリオットソウルのレセプション

この機械にカードキーをかざしてエレベーターがくるのを待ちます。

フェアフィールドバイマリオットソウルのエレベーター

エレベーターに乗り込むと行先階ボタンがありませんでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルのエレベーター

かざしたカードキーで宿泊階の情報がわかるのでボタンは必要ないと言えば必要ないのでしょうが、とても斬新なエレベーターでした。うちの子どもはエレベーターのボタンを押すのが好きなので少し不服そうでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルの部屋はコンパクトだがシンプルで快適

今回宿泊した21階の部屋へと向かいます。

フェアフィールドバイマリオットソウルの21階

今回アップグレードされた部屋はプレミアルームなのかデラックスプレミアルームかは不明なのですが、とにかく内部をご紹介していくことにします。

フェアフィールドバイマリオットソウルのベッドルーム

部屋に入るとすぐ左側に金庫、コーヒーメーカー、冷蔵庫があります。

フェアフィールドバイマリオットソウルのミニバー フェアフィールドバイマリオットソウルのミニバー

その奥がベッドルームとなっています。窓際にはソファとガラステーブルが置かれてあります。23㎡なのでとてもコンパクトな部屋ですが狭いと感じることはありませんでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルのベッドルーム

ロールカーテンを開けると向かい側のホテルが見えます。景観はお世辞にも良いとは言えませんでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルのベッドルーム

ガラステーブルのそばには電源やUSBポートがあってとても便利です。

USBポート

宿泊したのはキングベッドの部屋ですが、キングベッドといってもそれほど大きいわけではありませんでした。それでも子どもと2人で寝るには十分なサイズでした。

枕元にも電源とUSBポートがあって快適です。

フェアフィールドバイマリオットソウルのキングベッド フェアフィールドバイマリオットソウルのテレビ

フェアフィールドバイマリオットソウルの部屋は入ってすぐの場所に洗面台があります。ベッドのすぐ隣に洗面台になっています。

フェアフィールドバイマリオットソウルの洗面台 フェアフィールドバイマリオットソウルの客室

スライドドアで部屋と仕切ることもできるので気になる人はスライドドアを閉めておけば問題なく過ごせると思います。

フェアフィールドバイマリオットソウルのバスルーム

洗面台の隣はトイレとシャワーブースになっています。

なんとトイレとシャワーブースがひとつのドアを共有しており、トイレのドアを閉めている間はシャワーブースはドアがない状態になり、逆にシャワーブースのドアを閉めている間はトイレにドアがないという驚くべき構造になっています。

フェアフィールドバイマリオットソウルのトイレとシャワー

さらにトイレとシャワーブースもガラス張りになっていて、ある程度隠れるようになっているとは言え友人どうしや付き合って間もないカップルの利用にはあまり向いていないかもしれません。

トイレはキレイですがウォシュレットは付いていませんでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルのトイレ

シャワーブースにはレインシャワーも付いていますが浴槽はありません。

壁にはリンスインシャンプーとボディーソープが少し高めの位置に固定されています。

フェアフィールドバイマリオットソウルのシャワーブース

子どもが滑って転ばないように床に座って抱っこしながら身体を洗っていたのですが、座りながらだとシャンプーとボディーソープがなかなか取れないのが個人的には嫌でした。

フェアフィールドバイマリオットソウルのエグゼクティブラウンジ

マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上であればエグゼクティブラウンジへのアクセス特典が付いているのですが、残念ながらフェアフィールドバイマリオットソウルにエグゼクティブラウンジはありません。

今回は子どもと一緒とあってラウンジがあっても利用することも無いのでラウンジの有無は気にしませんでした。

フェアフィールドバイマリオットソウルの朝食ビュッフェ

朝食無料の特典もマリオットボンヴォイのプラチナエリート以上の会員の特権なのですが、フェアフィールドバイマリオットソウルはどの宿泊プランでも無料の朝食ビュッフェが付いているようです。

朝食ビュッフェは3階にある『Bistro 870』でいただくことができます。

写真は撮っていないので公式サイトからの借用ですが、清潔感のある朝食会場で料理も種類が豊富で美味しかったです。

フェアフィールドバイマリオットソウルの朝食会場 フェアフィールドバイマリオットソウルの朝食会場

フェアフィールドバイマリオットソウル宿泊記まとめ

ゴールデンウィークに韓国のフェアフィールドバイマリオットソウルに宿泊してきました。

フェアフィールドはマリオットの中では低価格なホテルブランドとなっており日本円で1泊10,000円未満で宿泊することができます。それでいてホテルや部屋はキレイで清潔感もありお洒落です。スタッフの方たちの対応もすごく良かったです。

空港リムジンバスを使えば金浦国際空港や仁川国際空港にも乗り換え無しなのでアクセスも便利で楽です。

永登浦は場所によってはあまり治安が良くないようですがフェアフィールドバイマリオットソウルの周辺は百貨店やタイムズスクエアもあり治安に不安を覚えるようなことはありませんでした。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージランキング 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで39,000ポイント

39,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。