台湾旅行では面倒な入国カード記入は不要!オンライン申請の方法を解説

台湾 入国カード オンライン申請

 

多くの国では入国する際に入国カードを提出する必要があります。入国カードは氏名・国籍・パスポートナンバー・旅行目的等を記入する書類ですが、日本から飛行機で海外に行く場合は機内で入国カードが配られます。

先日、弾丸旅行で行ってきた台湾でも入国カードを記入する必要があるのですが、実は台湾に行く場合はわざわざ機内で入国カードを記入しなくても事前にオンラインで済ませておくことができます。

 

機内での入国カードの記入は何かと面倒

入国カードをオンライン申請せず台湾に行く場合、台湾行きの飛行機の中でCAさんから紙の入国カードを配られるため、この入国カードに必要事項を記入することになります。ちなみに台湾の入国カードは以下の様式になっています。

台湾 入国カード

https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/asi/tw.html

台湾に行くときに限った話ではありませんが、飛行機の中で入国カードを配ってもらってもボールペンを持っておらずあたふたしたり、パスポートナンバーを調べるためにわざわざカバンからパスポートを出してきたり、到着直前まで寝ていて入国カードを書いておらず直前に慌てて書いたりした経験ばかりで、あまり紙の入国カードを書くのが好きではありません。

しかし、嬉しいことに台湾では2015年7月から紙の入国カードを提出する代わりに入国前に予めインターネットでオンライン申請できるようになっています。

事前に入国カードをオンライン申請しておくことによって入国審査の時間が短縮できるわけではありませんが、それでも入国カードをオンライン申請しておくことによって機内で慌てて入国カードを書く必要がなくなります。



入国カードのオンライン申請方法

入国カードをオンライン申請する場合、台湾入国管理局の入国カードオンライン申請ページにアクセスします。以下の「入國登記表 ARRIVAL CARD」ボタンをクリックすると入国カードのオンライン申請ページにアクセスすることができます。

入国カードのオンライン申請用の入力フォーマットは以下のようになっています。

台湾 入国カード オンライン申請方法

直観的に入力できそうな項目が多いですが、ややこしそうな項目だけ補足しておきます。

職業 Occupation

単に職業欄なのですがプルダウンメニューの選択肢が細かく分類されていてどれを選ぶべきか若干わかりにくいです。

ITなどの選択肢もありますが普通の会社員であれば「職員/CLERK/EMPLOYEE/STAFF」でいいかと思います。ほとんどの人が以下のどれかに該当するかのではないでしょうか。

職業 選択肢
 会社員 職員/CLERK/EMPLOYEE/STAFF
 公務員 公務員/GOVERNMENT OFFICER
専業主婦 家庭主婦/HOUSE WIFE
学生 學生/STUDENT/SCHOLAR/PUPIL
無職・幼児 無業/NONE/BABY/INFANT
その他 其他/OTHER

簽證種類 Visa Type

ビザの種類を入力する項目ですが日本人が90日以内の観光目的で台湾に滞在する場合ビザは不要です。そのため通常の観光であれば「免簽證 Visa-Exempt」を選択しておけば大丈夫です。

來台住址或飯店名稱 Residential Address or Hotel Name in Taiwan

この項目には台湾での住所か滞在するホテル名を記入します。

「Hotel Name」を選択して、「縣市 City/County」欄には例えばホテルが台北にあるなら「臺北市 Taipei City」を選択します。その下の記入欄にはホテル名を記入しますが中国語または英語での記入となります。

僕が台湾で宿泊したホテルは『コートヤード台北』と『台北マリオットホテル』なので、コートヤード台北の場合は中国語で「台北六福万怡酒店」と書くか英語で「Courtyard by Marriott Taipei」と記入します。
コートヤードバイマリオット台北に宿泊してSPGアメックスパワーでエグゼクティブルームにアップグレード

台北マリオットホテルの場合は「台北萬豪酒店」もしくは「Taipei Marriott Hotel」と記入します。
台北マリオットホテル(台北萬豪酒店)に無料宿泊してSPGアメックスパワーで客室も2段階アップグレード!

入国カードのオンライン申請完了

オンラインで入力を終えて「Apply」ボタンをクリックすると入国カードのオンライン申請が行われます。無事にオンライン申請が完了すると画面に「success!!」のポップアップが表示されます。

台湾 入国カード オンライン申請完了

ちなみにメールアドレス欄にメールアドレスを入力しても申請しても、オンライン申請の完了時にメールは送られてきません。そのためきちんと入国カードのオンライン申請ができたのか若干不安に感じてしまうのですが、何度でもオンライン申請できるので不安になった場合は再度オンライン申請してみるのもいいかもしれません。

入国カードをオンライン申請した場合の入国審査での対応

実際に台湾に入国する際、飛行機の中で入国カードが配られましたが、この入国カードには何も記入せず入国審査を受けました。

事前に日本から入国カードのオンライン申請しているとはいえ、確認メールが届くわけでもなく正しく申請されていることを確認する術もないので、もし入国カードのオンライン申請に失敗していたらどうしようかと少し不安でしたが、何事もなく普通に入国することができました。

僕が入国カードを提出しなかったので審査官が自主的に検索してくれたのかもしれませんが、入国審査では入国カードをオンライン申請していることすら伝える必要はありませんでした。

SIMフリーのスマホを持っているなら日本でプリペイドSIMを購入しておくのがおすすめ

ちなみにSIMフリーのスマホを使っている人は台湾に行く前に入国カードのオンライン申請だけでなくプリペイドSIMを購入しておくことをおすすめします。

日本にいるうちにプリペイドSIMを購入して台湾に向かう機内でSIMを交換すれば台湾に着いてすぐにインターネットにアクセスできます。台湾に着いてからいちいち現地のショップでプリペイドSIMを購入して設定する手間が省けるので非常に便利ですよ。

【日本で購入可能】台湾のプリペイドSIMカードFareastone(遠傳電信) 4G LTEを使ってみた感想

1年に3回以上台湾に行く人は「常客証」がおすすめ

入国カードのオンライン申請も便利ですが、「常客証」のオンライン申請はもっと便利でおすすめです。

残念ながら最近1年間で3回以上台湾に行った人しか常客証を申請することはできませんが、常客証があれば入出国審査で専用レーンを利用することができるためスピーディーに入出国審査を済ませることができます。

1年に3回以上台湾に行くなら「常客証」の申請がおすすめ!空港の入出国審査で並ぶ必要がなくなります

まとめ

2015年から台湾で導入された入国カードのオンライン申請制度ですが、台湾に行くときは事前に入国カードをオンライン申請しておくことによって、いちいち飛行機の中で入国カードを記入する必要がなくなります。

日本から台湾までは短時間のフライトなので入国カードを記入する時間はもったいないですし、日本にいる間にオンライン申請しておけばパスポート番号や宿泊するホテルの所在地なども慌てず落ち着いて調べて記入することができ書き間違いも減らせます。

台湾に行く際には入国カードのオンライン申請を利用してみることをおすすめします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで12,000スターポイント

12,000スターポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。