マリオットに宿泊するなら絶対ベストレート保証を成功させて大幅割引を狙うべき!!

マリオット ベストレート保証(最低価格保証)

 

年明けに家族揃って大阪に行く予定ができたのでマリオットゴールドプリファード会員の恩恵を受けようとマリオット系列ホテルの「コートヤード新大阪ステーション」に宿泊することにしました。

ハワイでは4泊ともプリファードポイント利用での宿泊ですが、今回はポイント利用でもなくキャッシュアンドポイントでの宿泊でもなく現金での支払いによる宿泊です。そして、マリオットで予約する際に忘れてはいけないこととしてベストレート保証(最低価格保証)があります。

 

マリオットのベストレート保証(最低価格保証)とは

ベストレート保証とは、マリオットに限らずSPGやヒルトン、インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG)など多くのホテルグループにおいて実施されており、ホテルの公式サイトで提供している料金が一番安いことを保証している制度です。そして、公式サイトよりも安い料金を見つけた場合は何らかの特典を得ることができます。

なぜ多くのホテルがわざわざこのようなベストレート保証制度を実施しているかというと、booking.comなどオンライン旅行会社(OTA:Online Travel Agency)で自社の部屋が予約された場合、ホテル側はOTAサイトにコミッションを支払う必要がありますが、自社の公式サイトで予約が成立した場合はOTAサイトにコミッションを支払わなくて済むからです。

マリオットの場合、ベストレート保証に成功した場合の特典として、宿泊料金に他のサイトで見つけた安い方の料金が適用され、さらにその料金から25%割引してもらえることになります。例えばマリオットの公式サイトで20,000円の部屋を予約した後に別サイトで18,000円の部屋を見つけた場合、宿泊料金は18,000円から25%割引された13,500円になるということです。

ベストレート保証が成功すると安い方の宿泊料金が適用されるだけではなくて25%割引も適用されるため、例え1円でも公式サイトより安い料金を見つけた場合はベストレート保証を申請するようにしましょう。

25%割引してても公式サイトの予約を優先させたいということは、それ以上のコミッションをOTAサイトに支払っているということになるのでしょうね。

マリオットでのベストレート保証の注意事項

マリオットでベストレート保証に成功して特典の適用を受けようとする場合の注意点がいくつかあります。これを守らないとベストレート保証を申請しても絶対に適用されることはありませんのでご注意ください。

  1. マリオットの公式サイトから予約すること
  2. 同一条件の予約であること
  3. 予約後24時間以内にベストレート保証を申請すること

マリオットの公式サイトから予約すること

ベストレート保証の趣旨が、マリオットの公式サイトが他のサイトよりも安い料金であることを保証するものなので、マリオットの公式サイト以外で予約した場合はベストレート保証の対象とはなりません。

ただし、マリオットのリザーベーションセンターやマリオット系列ホテルに直接電話して予約した場合はベストレート保証の対象となります。

マリオットの公式サイトから予約する場合は直接公式サイトにアクセスせずにハピタスを経由するようにしましょう。ハピタスを経由してからマリオットの公式サイトで部屋を予約すると料金の5%分(2017年11月30日時点)のポイントが貰えます。これはかなりの還元率です。

ポイントはそのまま現金に交換するとベストレート保証からさらに5%割引されたのと同じになりますし、貰ったポイントをマイルに交換することもできます。

同一条件の予約であること

ベストレート保証の申請をするには他のサイトでみつけた安い料金がマリオット公式サイトで予約した部屋と同一条件であることが必要になります。

つまり、滞在予定日、滞在ホテル、ホテルの部屋タイプなどがマリオット公式サイトの予約と同一である必要があります。ホテルの料金は宿泊日や部屋タイプなどでまったく違ってくるので当然といえば当然です。マリオット公式サイトでスイートルームを予約しておき、他サイトでそれより安いスタンダードルームをみつけてベストレート保証申請しても認められるわけがありませんからね。

部屋タイプが同一かどうかの判断として、マリオットのサイトに以下のようなFAQがありますので目を通しておくことをおすすめします。

Q:部屋タイプが同一であるかどうかは、どのように確認できますか?

A:マリオット カスタマーケアはお部屋のサイズ、ビュー、アメニティ、宿泊人数、ベッドタイプなどを比較します。 リクエストの妥当性を確認するにはこれらすべての要素が同一でなければなりません。 例えば、キングベッドを備えた客室は同じくキングベッドを備えた客室と比較されます。 コンシェルジュフロアにある客室は、やはりコンシェルジュフロアにある同様の客室と比較されます。 さらに、オーシャンビューの客室は同様のビューを持つ客室と比較されます。

比較対象とならない客室の例:

  • 客室の詳細(予約その1)は客室の詳細(予約その2)の比較対象となりません。
  • 最大宿泊人数4名様のスイートは最大宿泊人数6名様のスイートの比較対象となりません。
  • 海に面した客室は海に面していない客室の比較対象になりません。
  • キングサイズベッド1台を備えた客室はクイーンサイズベッド2台を備えた客室の比較対象となりません。

予約後24時間以内にベストレート保証を申請すること

ベストレート保証の申請はマリオットの公式サイトで予約を完了してから24時間以内に行う必要があり、24時間を超えたベストレート保証の申請は認められません。

ベストレート保証の申請方法は以下の申請フォームにアクセスして必要情報を入力して送信するだけです。
マリオット ベストレート保証申請フォーム

ベストレート保証の申請フォームに記載する内容としては以下のとおり氏名、電話番号などの個人情報や予約したホテルの情報などで特に難しい内容はありません。ただし、安い料金が掲載されているサイトのアドレスを貼り付ける欄があるので、そこはURLが途中で切れたりしないように全部貼り付けるように気をつけてください。

安い料金が載っているウェブサイトのURLは必ずブラウザで新しいウィンドウや別のタブを開いてからそこに貼りつけてみて、実際にアクセスできることを確認するようにしてください。

マリオット ベストレート保証申請

マリオットのベストレート保証に対応してくれるスタッフは日本人ではないのでコメント欄は英語で記載することになります。予約に関して特記しておくべきことがあれば書いておけばいいと思いますが特に何も入力しなくても問題ありません。

マリオットの公式サイトより安い料金を探す際のポイント

ベストレート保証はマリオット公式サイトからの予約後24時間以内に申請する必要がありますが、ベストレート保証に成功するコツとしては、マリオットの公式サイトで予約してから他のサイトで調べていてはダメです。24時間以内に安い料金を見つけられなかった場合はベストレート保証の申請すらできなくなってしまいます。

公式サイトより安い料金を見つけてからマリオットの公式サイトで予約するようにしてください。そして予約後すぐにベストレート保証の申請をしてしまいましょう。

マリオット ベストレート保証のポイント①

公式サイトからの予約後24時間以内にベストレート保証の申請をするために、他のサイトでマリオット公式サイトより安い料金の部屋を見つけてからマリオット公式サイトで予約すること

安い料金の部屋を探すのにオススメのサイト

このサイトで探せば必ず安い料金の部屋が見つかるというようなことはないですが、手間を考えると宿泊サイトをひとつひとつ探していくよりも複数のサイトをまとめて検索してくれるサイトがおすすめです。

僕はトラベルコ、スカイスキャナー、そしてトリバゴあたりで探すようにしています。

ホテルの料金は日々変化しているので安い料金を探すことに神経質になりすぎない方がいいと思います。範囲を広げすぎず狭め過ぎず気楽に安い料金を探しましょう。

マリオットにベストレート保証を申請してみた

大阪で宿泊することにした「コートヤード新大阪ステーション」を予約する際、実際にマリオットにベストレート保証の申請をしてみました。

マリオットの公式サイトからホテルを予約

マリオットの公式サイトで大阪に行く日に合わせてホテルを検索します。するとマリオットリワード会員料金の一番安い部屋は19,600円でしたのでこの部屋を予約します。

マリオット公式サイトでコートヤード新大阪ステーションを予約

19,600円よりも安い部屋もありますがこの部屋で予約する場合はキャンセルした場合の返金は不可です。マリオットの公式サイトで予約する際、キャンセル可能な部屋を予約することをおすすめします。

キャンセル可能な部屋を予約しておくとベストレート保証の申請が却下された場合でも、ひとまず部屋をキャンセルして再度予約をすれば改めてベストレート保証の申請ができるからです。

マリオット ベストレート保証のポイント②

ベストレート保証が却下されても再度申請できるようにマリオットの公式サイトではキャンセル可能な部屋を予約しておくこと

他のサイトでマリオットの公式サイトより安い料金を発見

ベストレート保証を申請するためマリオットの公式サイトよりも安い料金で提供しているサイトを見つけます。

マリオットの公式サイトで予約してから24時間以内にベストレート保証の申請をしなければならないので、先ほど説明したとおり実際にはマリオットの公式サイトで予約する前に見つけておく方が望ましいです。

色々と検索してみた結果、マリオットの公式サイトより安い料金を「じゃらん」で見つけました。マリオットの公式サイトと同条件で17,592円(税込19,000円)でした。

ベストレート保証 コートヤード新大阪ステーション じゃらん

さっそくマリオットの申請フォームからベストレート保証の申請をします。

マリオットからベストレート保証の申請結果

マリオットからの返答は通常ベストレート保証の申請から24時間以内にメールで送られてきます。僕の元にもベストレート保証の申請から24時間以内にメールが届きました。

Hello XXX XXX,

I have approved the claim you submitted for Marriott’s Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!
I modified your reservation to reflect the following rate:

Rate: 12,954 Yen
Reservation Confirmation Number: XXXXXXXX

Your room rate now reflects an additional 25% discount for submitting a successful claim according to the terms of Marriott’s Look No Further(SM) Best Rate Guarantee.

We look forward to welcoming you soon!

Safe Travels!

無事にベストレート保証の申請が認められて12,954円になりました。当初の19,600円から30%以上も割引されたことになります。これはかなりありがたいです。

マリオットの公式サイトで予約内容を確認してみると「Look No Further(最低価格レート)」と書かれ料金も12,954円に修正されていました。

コートヤード新大阪ステーション ベストレート保証申請結果

最後に

実際にマリオットのベストレート保証を申請してみましたが特に難しいことはありませんでした。「コートヤード新大阪ステーション」以外にも複数の予約でベストレート保証を申請しました。まだ件数は少ないですが今のところベストレート保証は国内外問わず全てのホテルで成功しています。

ベストレート保証はホテルが認めている制度ですし、我々宿泊者だけが得するわけではなくホテル側もOTAサイトへのコミッション支払いがなくなり得することになります。マリオット系列のホテルを予約する際は気兼ねなくベストレート保証を申請しちゃいましょう。

それと、マリオットのステータスを40,000ポイントで買い戻せるバイバック(Buy Back)システムが2017年で終了となることが発表されました。

 

一度プラチナステータスに到達すればバイバックによりプラチナステータスを維持することができたので、流行りのプラチナチャレンジをしてみようかと思っていたのですがバイバックシステムが終了するのであればプラチナチャレンジはやめておこうかなという気持ちになっています。

ベストレート保証に成功したホテルのなかにはプラチナチャレンジを見越して予約したホテルもあるので、プラチナチャレンジをしないのであればせっかくベストレート保証に成功したにもかかわらずキャンセルすることになってしまうかもしれません。悩ましい。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで12,000スターポイント

12,000スターポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。