【韓国】入国カードの書き方が変更となり記入が簡単になりました!

韓国の入国カードが変更されて簡単に

 

日本人に人気の海外旅行先のひとつが韓国です。最近はブームも落ち着きましたが一時期は特に女性の間で韓国旅行が大人気でした。

日本人の場合は90日以内の滞在であればビザなしで韓国に入国することができますが、韓国に入国する際に入国カードへの記入は必要となります。

その韓国への入国カードですが2017年に変更となり入国カードの記入方法も以前より簡単になりました。

韓国の入国カードの記入方法

新しくなった韓国の入国カードは以下のようなフォーマットになっています。入国カードは韓国の入国審査を受けるときに必要になります。

韓国の入国カードの書き方
(出典:https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/asi/kr.html)

だいたいどの国の入国カードも似たような項目なので何を書けばいいのか見当もつかないということは無いでしょう。

  1. 姓:パスポートに記載してある通りにローマ字で記入
  2. 名:パスポートに記載してある通りにローマ字で記入
  3. 性別:男(Male)または女(Female)にチェック
  4. 国籍:「JAPAN」と記入
  5. 生年月日:西暦で記入
  6. 職業:英語で記入
  7. 韓国の連絡先:宿泊施設名と電話番号
  8. 入国目的:選択肢から該当するものにチェック
  9. 署名:パスポートと同じ署名

基本は上の説明通りに記入すればよいのですが少しだけ補足しておきます。

「職業」欄の記入方法

⑥の「職業」欄ですが、例をみると「OFFICE CLERK」(会社員)となっています。この項目は以下から自分の職業に近いものを記入しておけば問題ありません。

職業 英語
会社員 OFFICE WORKER または OFFICE CLERK
公務員 GOVERNMENT OFFICIAL
専業主婦 HOUSE WIFE
学生 STUDENT
無職 NONE

「韓国の連絡先」欄の記入方法

⑦の「韓国の連絡先」欄については、ホテルなどの宿泊施設に泊まる場合はホテル名を英語で記入するだけです。例えばXXXホテルの場合は「XXXX」と英語で記入します。友人宅などに宿泊する場合は住所を記入するようにしましょう。

電話番号は、わかっている場合には記入しておきましょう。電話番号を記入する場合は韓国の国番号(+82)は書かずに国番号以降から記入して問題ありません。

以前の入国カードからの変更点

参考までに、変更前の韓国への入国カードは以下のようなものでした。

旧形式の韓国入国カード
(出典:https://www.uutravel.ne.jp/)

現在の入国カードと比べてみると主な変更点は以下のとおりとなっています。

  • 漢字姓名を記入する必要がなくなった(①)
  • 日本の住所を記入する必要がなくなった(⑧)
  • パスポート番号を記入する必要がなくなった(⑦)
  • 便名を記入する必要がなくなった(⑫)
  • 出発地を記入する必要がなくなった(⑬)

書く内容が減ったので随分と楽になりました。

韓国の入国カードは残念ながらオンライン申請はできない

せっかく記入内容が簡素化された韓国の入国カードですが、残念ながら事前に入国カードをダウンロードして記入したり、オンラインで入国カードを申請するようなことはできませんので、韓国行きの飛行機で入国カードをもらって記入します。

台湾のように日本で事前に入国カードをオンラインで申請までできるようになれば便利なのですが、残念ながらそこまで便利にはなりませんでした。
台湾旅行では面倒な入国カード記入は不要!オンライン申請の方法を解説

旅行前に韓国の基本情報を調べるなら『BASETRIP』が便利

90日以内の滞在であればビザが不要なことや入国カードの記入方法はわかりましたが、他にも平均気温や電源プラグの形状、通貨や為替レートなど韓国に行く前に知っておきたいことが色々とあります。

そんなときは『BASETRIP』というウェブサイトをチェックすれば韓国の基本情報を簡単に知ることができて「地球の歩き方」をみる必要もなくなります。
海外旅行の持ち物など準備するときは『THE BASETRIP』を見ればもう地球の歩き方はいらない

この『BASETRIP』は韓国だけでなく様々な国の基本情報を知ることができるので、旅行の予定がなくただチェックしているだけでも楽しめます。

SIMフリーのスマホを持っている人はプリペイドSIMを日本で購入しておくと便利

韓国でもスマホなどをネットに接続して使いたいのですよね。そんなとき、SIMフリーのスマホやSIMロック解除済みのスマホを使っている人であればモバイルルーターよりも韓国で使えるプリペイドSIMを日本で購入しておくといいです。

プリペイドSIMをあらかじめ日本で購入しておけば韓国に到着してから空港内のお店を探したりする必要もありません。韓国に向かう機内でSIMカードを交換しておけば韓国に着いた瞬間からネットを利用することができます。

下のプリペイドSIMカードであれば韓国だけでなくアジア14ヶ国で使うことができます。

お得に韓国旅行がしたいのならマイルを貯めるのがおすすめ

韓国は日本から近いこともありLCCを使えば随分と安い金額で行くことができるようになりましたが、LCCよりフルサービスキャリアを使いたい、成田空港より羽田空港を使いたい、などと考えだすと意外と料金も高くなってしまいます。

そこで韓国に行くのであればANAのマイルを貯めてマイルで行くことをおすすめします。ANAマイルを使えば日本から韓国へは往復12,000ANAマイル(ローシーズン)で行くことができます。

なんとこれは東京から沖縄に行くよりも少ないマイルなのです。

ANAで日本から韓国までの必要マイル数

そして、ANAマイルの貯め方を覚えてしまえば月に20,000ANAマイル近く貯めることができるんです。
年収300万円でもビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

この貯め方をマスターしてしまえば毎月ANAマイルを使って韓国に行くことだってできてしまいます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで36,000ポイント

36,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。