JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)を解約した2つの理由。しかし今解約したのは間違いだった…

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)家族カード

 

とうとうJCBの最上位ステータスであるクレジットカード『JCB THE CLASS』(JCBザ・クラス)を解約してしまいました。

JCB THE CLASSを取得したのが2016年なので、約3年間使わせてもらったことになります。毎年、更新時期を迎えると解約するか迷っており自分の中では常に解約候補のクレジットカードだったのですが、今回ついに解約という結論に至りました。

JCB THE CLASSの解約に至った理由としては、JCB THE CLASSにはこれといった特徴もなく、年会費に見合った価値が見出せなかったということに尽きます。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)は特徴も無く年会費が高いだけのクレジットカードになってしまった

JCB THE CLASSを解約した理由のひとつとして、このカードがこれといった特徴のないクレジットカードになってしまったことが挙げられます。

JCB THE CLASSは正直なところアメックスプラチナやダイナースプレミアムに比べて今ひとつ目立たない存在で、ブラックカードだともプラチナカードだともいわれていました。

そんな中、JCBは『JCBゴールド』よりもステータスが高いプラチナカードである『JCBプラチナカード』を投入しました。当然、JCB THE CLASSはJCBプラチナカードよりもステータスが上のため、これによってJCB THE CLASSがプラチナカードではなくブラックカードだということが明確になりました。

JCB THE CLASS

一方で、JCB THE CLASSはディズニー関連のサービスに優れているという強みがありました。JCBはディズニーのオフィシャルスポンサーでもあることからJCB THE CLASSはディズニーに関するサービスに優れており、特に東京ディズニーランドにある秘密の会員制レストラン「クラブ33」に入店できるという他社では絶対に真似することのできない特典がありました。

JCB THE CLASSを持っていると、毎年1回、2万円ほどの商品やサービスを選択できるメンバーズセレクションというギフトカタログが送られてきます。このギフトカタログのひとつにクラブ33に入店できるサービスがあり、メンバーズセレクションでこのサービスを選択すると漏れなくクラブ33に入店することができました。実際、クラブ33目当てでJCB THE CLASSを持っている人も少なくありませんでした。

しかし、2017年からクラブ33については抽選となりました。さらにその翌年の2018年にはクラブ33がメンバーズセレクションから外れ、2019年にはとうとうJCB THE CLASSを持っていてもクラブ33に入店することができなくなりました。この改悪によりJCB THE CLASSは自身の最大の特徴を失ってしまうことになりました。
JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)が改悪!東京ディズニーランド会員制レストラン(クラブ33)の予約プランが終了

JCB THE CLASSは、ステータスだけは明確にしておきながら、このカードの一番の特徴であったクラブ33に入店できる特典を終了させてしまい、ただ年会費が高いだけのつまらないクレジットカードになってしまいました。

正直なところクラブ33への憧れなどは無いのですが、行けば話のネタにもなるし、誰もが入れる場所ではないので機会があれば行ってみたいとは思っていました。ですがこれ以上JCB THE CLASSを持っていてもクラブ33に入店することはできないので解約を決意するきっかけになりました。

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)のポイント還元率は0.5%と非常に悪い

JCB THE CLASSは1,000円で1ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。OkiDokiポイントは1ポイント5円と言われているのでポイント還元率は0.5%となり決して高くはありません。

今年は色々と理由があってJCB THE CLASSの利用金額は300万円を超えており、来年2月からのメンバーランクは「ロイヤルαPLUS」となり、ポイントが70%アップされることになっていました。しかし、それを踏まえても実質的な還元率は0.85%と、還元率は1%にも及びません。

利用金額 メンバーランク 優遇率 優遇後の還元率
300万円以上 ロイヤルαPLUS 70% 0.85%
100万円以上 スターαPLUS 60% 0.8%
50万円以上 スターβPLUS 30% 0.65%
30万円以上 スターePLUS 20% 0.6%

さらにはOkiDokiポイントをANAマイルやJALマイルに交換する場合、OkiDokiポイント 1ポイントにつき3マイルのため、マイル還元率は0.3%ということになります。「ロイヤルαプラス」となってもマイル還元率は0.51%にしかなりません。

JCB THE CLASSの還元率が悪いのは知ったうえでJCB THE CLASSを持っていたのですが、ここまでマイル還元率が低いと陸マイラーとしては使い道がありません。

というわけでJCB THE CLASSの解約を決意しました。

キャンペーン実施中に解約してしまい20%キャッシュバックを逃す

JCBでは2019年12月15日までApple payまたはGoogle Payの利用で利用金額の20%(最大10,000円)がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。
【公式サイト】JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

JCB THE CLASSは家族カードが最大8名まで無料となるのため妻のカードも発行しており、それぞれのクレジットカードでキャンペーンに参加していました。

2枚とも今回のキャンペーンは早々にクリアしていたため20,000円がキャッシュバックされるはずだったのですが、キャンペーンのことをすっかり忘れて解約してしまいました。当然のことながら解約済のクレジットカードに対してキャッシュバックはしてもらえません。

年会費は税込55,000円かかりますが、継続すれば20,000円のキャッシュバックとメンバーズセレクションで実質的には15,000円ほどの負担で済んだとも考えることもできるので、今年はJCB THE CLASSを解約すべきではなかったかなと少し後悔しています。

まあ済んだことは仕方ないですけどね。

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージランキング 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで39,000ポイント

39,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。