Leica M4を持ってブダペスト&ウィーンを散歩。やっぱりフィルムカメラは楽しい

LeicaM4で撮るブダペストとウィーンの街

 

夏に駆け足で訪れたブダペストとウィーンですが、ライカ(Leica)のM4を片手に街並みを撮影してきました。

今回は旅のお供にハッセルブラッドではなくLeica M4を選択

子どもができてからカメラを触る機会が極端に減ってしまいましたが、メインで使っているカメラはハッセルブラッド500C/Mという中判フィルムカメラです。しかし今回はハッセルブラッドではなくLeica M4を持っていきました。

M型ライカの完成形とも言われるLeica M4ですが、このLeica M4が販売されたのは1967年と今から50年以上も前になります。オートフォーカスはもちろんのこと露出計も付いていませんが、令和の時代に使ってもその完成度の高さを感じさせてくれるのはLeicaならではかもしれません。

今回の旅行の目的のひとつはブダペストの夜景を撮影することだったので、デジタル一眼レフカメラと交換レンズを何本か持っていきました。これだけで何不自由なく撮れるのですがやっぱりフィルムでも撮影したかったのでフィルムカメラも持っていくことにしました。

しかし、ただでさえ一眼レフカメラで荷物が重いのにハッセルブラッドまで持ち歩くのは相当な重荷。ということで泣く泣くハッセルブラッドを諦めてコンパクトで軽いLeica M4を連れて行くことにしました。

Leica M4を片手に街歩き

Leica M4を購入したのは10年ほど前になりますが、実はほとんど使っておらずLeica M4で撮った写真も全部で100枚あるかどうかという状態だったので、ちゃんと撮れるかドキドキしながらの撮影でした。

観光スポットや建造物を対象とした観光写真はデジタルで撮影して、Leica M4では好き勝手に撮ることにしました。

LeicaM4とウィーン

 

LeicaM4とブダペスト

ブダペストの黄色いトラムはとても可愛いかったです。花の色と被っているのがちょっと残念。

LeicaM4とウィーン

 

LeicaM4とブダペスト

 

LeicaM4とウィーン

ウィーンにあるホテルインペリアルの入口には様々な国旗が掲げられていました。ウィーンではここに宿泊したので宿泊記を書かなければ。

LeicaM4とウィーン

 

LeicaM4とウィーン

ウィーンの街をフラフラしていたら偶然Leicaショップを見つけました。たまたま通りかかった女性がいいアクセントになってくれました。

LeicaM4とウィーン

普段モノクロ写真は撮らないのですがLeicaでヨーロッパの街を撮るならクールなモノクロ写真をたくさん撮ってみたいです。

LeicaM4とウィーン

 

LeicaM4とウィーン

やはりフィルムカメラは楽しい

最近はフィルムカメラに触る機会がめっきり減ってしまいました。たまにハッセルブラッドを持って出かけても、子どもと一緒なので撮影に集中できずに数回シャッターを切って終わってしまいます。

今回の旅行に子どもがいなかったのはとても寂しかったのですが、その反面、何も気にすることなく撮影することができました。

デジタル一眼レフでの撮影も楽しいですが、やっぱりフィルムカメラでの撮影はもっと楽しいと実感する旅になりました。

といいつつ新しいデジタルカメラを買ってしまったのですが。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージランキング 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで39,000ポイント

39,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。