ANA羽田ーウィーンNH205便ビジネスクラス搭乗記!フルフラットのシートや機内食をリポート

ANA羽田⇔ウィーンのビジネスクラス搭乗記

 

2019年2月に就航したANAの羽田⇔ウィーン路線を利用してヨーロッパに行ってきました。

羽田からウィーンへと向かうHN205便はビジネスクラスを利用したので、ビジネスクラスのシートや機内食などをリポートしたいと思います。

ANA 羽田⇔ウィーンのフライトスケジュール

ANAは2019年2月から羽田⇔ウィーン路線の運行を開始しており羽田発とウィーン発の便を毎日それぞれ1便ずつ運行しています。

フライトの1ヶ月ほど前に急遽ウィーンに行くことを決めたのですが、空席待ちの必要もなくビジネスクラスを予約できたのでパリやホノルルなどの人気路線に比べると穴場の路線なのでしょう。

羽田からウィーンに向かうNH205便は羽田を午前1時20分に出発する深夜便です。ウィーンから羽田へと戻るNH206便は現地を昼に出発して羽田に到着するのが早朝の午前6時35分になります。

ウィーン到着が午前6時なので朝からウィーンを観光することもできますし、午前中にヨーロッパの各都市に乗り継ぐことも可能なので使い勝手のいい路線です。

羽田⇔ウィーンのフライトスケジュール
  • 羽田→ウィーン(NH205便):1:20羽田発 6:00ウィーン着
  • ウィーン→羽田(NH206便):12:35ウィーン発 翌日6:35羽田着
ANA羽田⇔ウィーンのフライトスケジュール

このフライトスケジュールでは金曜日の仕事終わりに羽田を出発すれば土曜日は朝からウィーンを観光することができます。そして日曜日にウィーンから戻ってこれば月曜日の早朝には羽田に戻ってこれるためそのまま出社することもできます。1泊3日の弾丸旅行となりますが仕事を休まなくても丸一日ヨーロッパを楽しむことができるのはすごいと思います。

ANA 羽田ーウィーンNH205便ビジネスクラスはフルフラットになるスタッガードシート

羽田⇔ウィーン路線の機材は往路も復路もボーイング787−9型(B-789)です。座席数は215席で、その内訳はビジネスクラスが48席、プレミアムエコノミーが21席、エコノミークラスが146席となっています。

B-789のビジネスクラスにはスタッガードシートが採用されておりフルフラットにしてくつろぐことができるのでとても快適です。

b789ビジネスクラスのシート

特に長距離フライトでは座席によって到着後の疲れに違いがでるので、身体をゆっくり休めることができるフルフラットのシートはとてもありがたいです。羽田ーウィーン便は現地到着が午前6時となるため到着後の時間を有効に使うには、いかにフライト疲れを軽減させるかがとても重要になります。

ビジネスクラスは以下のように1-2-1配列となっています。スタッガードシートなのでどの座席からでも直接通路に出ることができるようになっています。

B-789ビジネスクラスのシートマップ

1人での搭乗ではプライベートスペースを保てるA・C・H・Kがおすすめです。中でもAもしくはKはシートが窓側にありシートと通路との間にテーブルが設置されているためプライベートスペースをとても広く取ることができます。

一方でカップルや夫婦であればEとGもしくはDとFに並んで座るのがいいのではないでしょうか。7列目もしくは13列目であれば座席の間にあるパーティションも可動式になっています。

搭乗時間になりウィーンへと向かうNH205便に乗り込みます。

ANA NH205便のビジネスクラス

今回は1人でのフライトのため窓側にシートがある席を選びました。

NH205便ビジネスクラスのシート

シートの横にはモニターコントローラやライト、USBポートやユニバーサルタイプのコンセントがあります。

スタッガードシート

テーブルの横にあるボタンでシートの角度を調整することができます。「DO NOT DISTURB」ボタンを押しておけばフライト中CAさんに起こされることもありません。

NH205便ビジネスクラスのモニター

18インチの液晶ワイドスクリーンはタッチパネル式となっています。

NH205便ビジネスクラスのモニター

シートをフルフラットにして足を伸ばしてみます。180cmを超えていても頭から足まですっぽりと収まります。

フルフラットスタッガードは身体を伸ばせる

羽田からウィーンへは約11時間のフライトですが、ビジネスクラスを利用したことによって、飲んで、食べて、寝るだけという非常に楽で贅沢なフライトとなりました。

ウィーン国際空港に到着

ANAの最新型ビジネスクラス「THE ROOM」だともっと良いのでしょうね。早く体験してみたいものです。

NH205便 ビジネスクラスの機内食

搭乗後にウェルカムドリンクとしてシャンパンかソフトドリンクをいただくことができるのでシャンパンを選択しました。

ウェルカムドリンクのシャンパン

ビジネスクラスのフライトでは機内食を楽しみにしている人も多いかと思いますが、羽田ーウィーンのNH205便の場合は深夜発のため離陸後すぐの機内食はありません。機内食は到着2時間前の一度しか無いので機内食を楽しみにしている人にとっては少し残念ですね。

到着2時間前になると朝食が用意されます。メニューは和食、洋食、コンチネンタルブレックファーストがあり、洋食をチョイスしました。

NH205便ビジネスクラスの機内食

洋食のメニューは以下のとおりとなっていました。

ビジネスクラスの洋食メニュー
  • メインディッシュ
    新潟県産妻有ポークソーセージとフリッタータ
  • ブレッド
    ブリオッシュ クロワッサン
  • デザート
    ヨーグルト・エデン(ピエールエルメ)

ヨーグルト・エデンはパティスリー界のピカソとも称されるピエール・エルメ・パリによりプロデュースされたものとなっています。ピエール・エルメといえばやはり『ザ・リッツ・カールトン京都』が思い起こされます。
ザ・リッツ・カールトン京都宿泊記!和モダンの超豪華ホテルで最高のひととき。リッツ京都だけのプラチナ特典もあり

また、他にも鶴橋風月お好み焼きや一風堂ラーメンなどを好きなときにお願いすることもできます。

NH205便ビジネスクラスはグローブトロッターのアメニティ

ANAでは2019年3月からファーストクラスとビジネスクラスのアメニティが一新されました。
【ANA】2019年3月1日より、ファーストクラスとビジネスクラスのアメニティが新しくなります

それによってANAのビジネスクラスのアメニティは英国のラグジュアリーブランドであるグローブトロッターのポーチとなっています。

グローブトロッターのアメニティ

ポーチの中にはグローブトロッターとANAのロゴがあります。

グローブトロッター

グローブトロッターのポーチ中には『雪肌精 MYV』が入っています。女性には嬉しいアメニティですね。

  • トリートメントウォッシュ(洗顔料)10ml
  • コンセントレートローション(化粧水)13ml
  • コンセントレートクリーム(クリーム)6g

『雪肌精 MYV』のほかに歯ブラシ、アイマスク、イヤプラグも含まれています。

グローブトロッターのアメニティ中身

今回のポーチの色は水色でしたが時期によって変更となるようです。

GLOBE-TROTTER×ANA ビジネスクラス専用アメニティキット

100万円以上するビジネスクラスにも乗れるのは陸マイラーとしてANAマイルを貯めているから

今回搭乗した羽田ーウィーンだけでなく帰りのウィーンから羽田もビジネスクラスを利用しました。ANAのサイトで普通に予約をすると支払い総額は120万円を超えており、普通のサラリーマンが夏休みの旅行で使える金額とは大きくかけ離れています。

ANA羽田ーウィーンのビジネスクラスの料金

それなのにどうしてビジネスクラスに乗って旅行ができるかというと陸マイラーとしてANAマイルを貯めているからに他なりません。貯めたマイルを使って特典航空券を予約すれば燃油サーチャージや空港税を除き料金はかかりません。

陸マイラーとして1年間に20万マイル以上貯めている人は意外とたくさんいます。

今回の羽田ーウィーンの往復ビジネスクラスはハイシーズンの予約ということもあり95,000マイルでしたが、1年に20万マイル貯めていれば年に2回は往復ビジネスクラスでヨーロッパに行くことができます。

陸マイラーとしてマイルを貯める前は自分がビジネスクラスに乗るなんて考えてもいませんでしたが、マイルを貯めることで贅沢な旅行も可能にすることができます。
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージランキング 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで39,000ポイント

39,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。