年収300万円でもビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

年収300万円でもビジネスクラスで海外旅行に行けるANAマイルの貯め方

 

1年に1度くらいは夫婦やカップルで贅沢をしてビジネスクラスに乗ってハワイやヨーロッパに行く生活なんて憧れませんか?

時期にもよりますがANAのビジネスクラスでハワイに行く場合、安くても往復で1人20万円以上かかるため夫婦やカップルだと飛行機代だけで40万円以上かかることになります。子供がいればもっとかかります。

毎年ビジネスクラスに乗って海外旅行だなんて一般的なサラリーマンからすると夢のような話ですが、実は効率的にマイルを貯める方法を身につけてしまえばお金をかけずにビジネスクラスに乗ることができます。そのため、例え年収が300万円だとしてもビジネスクラスでのハワイ旅行も意外と身近なものになるんです。

年収300万円ではありませんが僕自身もごく普通のサラリーマンです。しかし、これからご紹介する効率的にマイルを貯める方法によって年に数回ビジネスクラスで海外旅行をしていますしファーストクラスにも乗ることもできました。

INDEX

クレジットカード決済でANAマイルを貯めるという発想を捨てなければマイルは貯まらない

マイルを貯める方法として最も一般的なのはクレジットカード決済によるポイントをマイルに交換する方法です。クレジットカードのマイル還元率はだいたい1%程度なので100円決済するごとに1マイルが貯まることになります。

クレジットカード決済でマイルを貯めている人は、毎月の公共料金の支払いをクレジットカード払いにしたり、会社の飲み会で率先して幹事を買って出て自分のクレジットカードで支払いをしたり、コツコツとマイルを貯めています。

しかし、そうした涙ぐましい日々の努力によって毎月10万円をクレジットカードで決済したとしても、1年間で貯まるマイルはせいぜい12,000マイルほどです。

1年間で頑張って貯めたこの12,000マイルを使って飛行機の搭乗券を購入してどこまで行けると思いますか?

ANAのマイルを貯めた場合、12,000ANAマイルでは必要マイル数が少なくなるローシーズン(閑散期)であっても東京ー沖縄を往復することさえできません。海外であればローシーズンにエコノミークラスで辛うじて韓国に行くことができるといった状況です。ビジネスクラスに乗ってハワイに行くには程遠いですね。

ビジネスクラスでハワイに行くにはローシーズンでも60,000ANAマイルが必要となるため、クレジットカード決済だけでANAマイルを貯めているとハワイに行くには5年間もかかってしまうことになります。夫婦やカップルで行くために二人分貯めようとすると、それこそ10年もの月日がかかることになり現実的ではありません。

ANAマイル ゾーン区分ANAのビジネスクラスでハワイに行く場合の必要マイル数

クレジットカード決済でマイルを貯めることは有効な手段ではありますが、年に数回ビジネスクラスに乗って海外旅行をするためにはクレジットカード決済だけでマイルを貯めるだけでは無理があるということがわかっていただけたかと思います。

陸マイラーがANAマイルを爆発的に貯めている方法とは

陸マイラーという言葉はご存知でしょうか?

陸マイラーとは飛行機に乗ることなくANAなどのマイルを貯めている人のことをいいます。「おかマイラー」と読むか「りくマイラー」と読むかは意見の分かれるところですが僕は「りくマイラー」派です。

「陸マイラー」をどう読むかはさておき、僕も含めて陸マイラーと呼ばれている人の中には1年間に20万マイル以上貯めている人がたくさんいます。

僕はANAマイルを貯めるだけでなくどんどん使っていきたいタイプなのですがそれでも30万ANAマイル近く貯まっています。陸マイラーの中には100万ANAマイル以上貯まっている人も結構いるようです。

ANAマイル残高

クレジットカード決済だけで1年間に20万マイル貯めようとするとクレジットカードで2,000万円も使わないと貯めることができません。あなたの年収が5,000万円くらいあるか会社経営者でもない限り絶対に無理な金額ですよね。

陸マイラーはクレジットカード決済に頼ることなく違う方法で爆発的にマイルを貯めています。

その爆発的にANAマイルを貯める方法とは、ポイントサイトを利用する方法です。

ポイントサイトを利用してANAマイルを貯める方法をこれから詳しく説明していきますね。

ポイントサイトとは

ポイントサイトが何かをご存知ない方のためにポイントサイトについて簡単に解説しておきたいと思います。

ポイントサイトとは、お小遣いサイトといった名称でも知られおり、ポイントサイト内で簡単なアンケートやゲームをしたり、ネットショッピングで買い物をしたり、FXや銀行口座の開設やクレジットカードを発行したりすることによってポイントが貰えるサイトをいいます。

ポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換することができますし、マイルに興味が無い場合は現金や電子マネーなどに交換することも可能です。

このようにマイルや現金が獲得できるポイントサイトですが無料で登録できるため手軽に始めることができます。

ポイントサイトの仕組み

無料で利用できるにも関わらずマイルや現金に交換できるポイントが貰えるなんて怪しいと思われる方も少なくないと思います。実際、僕も陸マイラーとしてポイントサイトを利用する前は胡散臭いイメージしかありませんでした。

小規模業者が運営しているポイントサイトには怪しそうなものもあるのは事実ですが、当サイトではそのような怪しいポイントサイトは絶対に紹介しないようにしています。この後でご紹介するポイントサイトも健全なものばかりであり他の陸マイラーのブログでも頻繁に登場するサイトばかりですのでどうかご安心ください。

無料で利用できるポイントサイトでマイルや現金に交換できるポイントが貰える仕組みですが、これはポイントサイトが身銭を削って支払っているわけでもなければ、ましてや利用者からネズミ講のような仕組みでお金を巻き上げて支払われているわけでもありません。

実は下図のとおり、ポイントサイトに掲載される商品を販売している広告主による広告宣伝費がポイントサイト利用者に還元される仕組みなのです。

ポイントサイトの仕組み

ポイントサイトを利用してマイルを獲得するまでの流れ(概要)

ここまで読んでいただいてポイントサイトの概要は理解していただけたかと思いますので、次はその後どうやってマイルを獲得するのかについて触れたいと思います。

マイルを獲得するまでの流れをおおまかに説明すると以下のようになります。

  1. ポイントサイトに登録する
  2. ポイントサイトを利用してポイントを獲得する
  3. 複数のポイントサイトでポイントを交換する
  4. ポイントをANAマイルに交換
ポイントサイトのポイントをマイルに交換するまでの流れ

詳細はこれから説明していきますので、まずはポイントサイト登録からマイル獲得までのおおまかな流れを理解していただければ問題ありません。

1.「ハピタス」や「モッピー」といったポイントサイトに登録する

クレジットカード決済とは比べものにならないほどのマイルを貯めるには、まずポイントサイトに登録する必要があります。

陸マイラーとして爆発的にANAマイルを貯めるために当サイトでおすすめしているポイントサイトには以下のようなものがあります。

ポイントサイトによって貰えるポイントが異なる場合があるので、これからご紹介するポイントサイトどれかひとつに登録しておくのではなく、すべてのポイントサイトに登録しておくことをおすすめします。

おすすめのポイントサイトその1:「ハピタス」

一番におすすめしたいポイントサイトは、『ハピタス』です。

ハピタスは株式会社オズビジョンにより運営されており、2006年に「ドル箱」という名称でサービスが開始されました。その後10以上にわたり運営が続いている老舗のポイントサイトです。

陸マイラーに最も利用されているポイントサイトのひとつで、2015年には会員数が150万人を突破しており安心できるポイントサイトであると言い切れます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

おすすめのポイントサイトその2:「モッピー」

次におすすめするポイントサイトは『モッピー』です。モッピーは2005年にサービスを開始しており累計500万人が利用している国内最大級のポイントサイトです。

東証一部に上場している株式会社セレスがモッピーの運営会社です。株式会社セレスの業績は、2017年12月期において売上高が約54億円、当期純利益が約6憶5千万円となっており業績的にも文句なしです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

おすすめのポイントサイトその3:「ちょびリッチ」

おすすめのポイントサイト3つ目は『ちょびリッチ』です。

ポイントサイトと同じ商号となる株式会社ちょびリッチが運営しており、上場こそしていませんが2002年に設立されて20年近く事業を継続しており、累計会員数は330万人を突破しています。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

おすすめのポイントサイトその4:「GetMoney!」

おすすめのポイントサイト4つ目は、『GetMoney!』です。

GetMoney!はインターネット黎明期の1997年創業のインフォアニア株式会社により運営されています。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

おすすめのポイントサイトその5:「ECナビ」

おすすめのポイントサイト5つ目は、『ECナビ』です。

ECナビは株式会社VOYAGE GROUPにより運営されており、連結売上高は258億円、連結営業利益は18億円(いずれも2017年9月期)となっています。

陸マイラー始めるならECナビ 1,000ポイントプレゼント!

おすすめのポイントサイトその6:「Point Town」

おすすめのポイントサイト6つ目は、『Point Town』です。

Point Townを運営しているのはGMOインターネット株式会社の子会社でマザーズに上場しているGMOメディア株式会社となります。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

おすすめのポイントサイトその7:「G-Point」

おすすめのポイントサイト7つ目は、『G-Point』です。

G-Pointを運営しているのは、ジー・プラン株式会社という会社で、ビッグローブ株式会社と三井住友カード株式会社が同社の株主となっています。

ポイントサイトの利用者がG-Pointを安心して利用できるように基本方針や情報の開示を行っているのが同社の特徴です。
Gポイント安心のお約束

Gポイント

2.ポイントサイトを利用してポイントを貯める

ポイントサイトへの登録が完了したら実際にポイントサイトを利用してポイントを貯めていく必要があります。

ハピタス』を例にして実際にポイントを貯める方法をみていきます。

ネットショッピングでポイントを貯める

楽天市場やYahoo!ショッピングといったショッピングサイトを利用している人は多いかと思いますが、これらのサイトはポイントサイトでも利用することができます。

例えばハピタスから楽天市場のサイトにジャンプして楽天市場で実際に商品を購入すると購入金額の1%をハピタスポイントとして貰うことができます。

ハピタスで楽天市場を利用してポイントを貯める

ポイントサイトを経由してポイントを獲得しても楽天市場のポイントやクレジットカード決済に使ったカード会社のポイントが貰えなくなるということはなく、ポイントの3重取りが可能となるためネットショッピングの際にはポイントサイトをチェックする癖をつけておきましょう。

POINT

ポイントサイト経由でショッピングサイトで買い物をするとポイント3重取りが可能
(ポイントサイトのポイント+ショッピングサイトのポイント+クレジットカード会社のポイント)

クレジットカードを発行してマイルを貯める

ポイントサイトではクレジットカードを発行してポイントを貯めることもできます。おそらくポイントサイトを始めて間もない人はクレジットカードの発行が最もポイントを貯めやすいかと思います。

例えば下のダイナースクラブカードであれば発行するだけで23,760ポイントを獲得することができ、これは後ほど説明する方法でANAのマイルに交換すると20,000ANAマイル近くになります。また、現金であれば23,760円に交換することができてしまいます。一枚クレジットカードを発行するだけでこの威力です。

ハピタスでクレジットカードを発行してポイントを貯める

ただし、クレジットカードを発行する場合には、以下のことに気をつけておきましょう。

POINT
  • クレジットカードを発行するだけではなく「●ヶ月以内に●万円の利用」といった条件が付いている場合もあるため、ポイントサイトに書いてあるポイント獲得条件をよく読みましょう
  • 年会費がかかるクレジットカードもあるので貰えるポイントと比較して判断しましょう
  • 短期間に何枚も申込んだりすると信用情報に影響する可能性もあるため気をつけましょう

外食モニターでマイルを貯める

ネットショッピング、クレジットカードに続くおすすめは外食モニターです。

ミステリーショッパーとして入店して料理を食べて、その後に店員さんの態度や料理などに関するアンケートを提出すればポイントが貰えるというものです。

ハピタスの外食モニターでマイルを貯める

以下のような点に気をつけておきましょう。

POINT
  • 貰えるポイントには上限があるので事前にチェックしましょう
  • 店によってはアンケート内容にボリュームがあります
  • ほとんどのケースでレシートの提出を求められるためレシートは忘れずに貰いましょう

ポイントサイトを利用する際の注意点その1:ポイントはすぐには貯まらない

ネットショッピングやクレジットカードを発行しても実はすぐにポイントが貰えるわけではありません。早いものは実行から即日〜数日でポイントに反映されますが、ポイントが反映されるまでに30日〜60日くらいかかるケースも多いです。

ポイントサイトに登録しても最初のうちはポイントが無い状態が続くのでやる気を無くしてしまいそうになりますが、1〜2ヶ月もすると徐々にポイントも貯まってきますので折れずに頑張ってください。

ポイントサイトを利用する際の注意点その2:ポイントの価値はポイントサイトによって異なる

ポイントサイト初心者の方が混乱しがちなのがポイントサイトごとにポイントの価値が異なる場合があるということです。

先ほど紹介したハピタスモッピーというポイントサイトは1ポイント=1円で換金できるためわかりやすいのですが、ポイントサイトによっては1ポイント=0.1円(10ポイント=1円)だったり1ポイント=0.5円(2ポイント=1円)だったりします。

ポイントサイトによって1ポイントあたりの価値が異なることで混乱しやすいのが、ある商品Aを複数のポイントサイトで取り扱っていて、例えば商品Aをハピタスで購入すると5,000pt貰えるのに対してECナビでは40,000pt貰えるとします。このときECナビの方が多くポイントが貰えるような気がしますが実際にはハピタスで5,000円分のポイントが貰えるのに対してECナビでは4,000円分のポイントしか貰えないことになり、ハピタスで購入した方が得だということがわかります。つまりポイントサイトでは見た目のポイント数で判断せずにそのポイントがいくら分の価値(円)なのかを考えることが重要となります。

以下に主要なポイントサイトの1ポイントあたりの価値を一覧にしてみました。

ポイントサイト 1ポイントあたりの価値
ハピタス 1pt=1円(1円=1pt)
モッピー 1pt=1円(1円=1pt)
ちょびリッチ 1pt=0.5円(1円=2pt)
GetMoney! 1pt=0.1円(1円=10pt)
ECナビ 1pt=0.1円(1円=10pt)
PointTown 1pt=0.05円(1円=20pt)
G-Point 1pt=1円(1円=1pt)

ポイントサイトを使っているうちに段々と慣れてきますが、利用するポイントサイトが1ポイントいくらなのかしっかりと把握しておきましょう。

3.複数のポイントサイトでポイントを交換する

複数のポイントサイトでポイントを交換するとはどういうことなのかというと、実は先ほど紹介したハピタスモッピーといったポイントサイトからは、貯めたポイントを直接ANAマイルに交換することができないのです。

そのため、複数のポイントサイト等を経由してANAマイルに交換する必要がでてきます。

陸マイラーが主にポイントをマイルに交換するルートとしては、通称「LINEルート」とよばれるルートがあります。九州や函館に住んでいる人やよく行く人には「nimocaルート」とよばれるルートもおすすめですが、ここではLINEルートでのANAマイルの貯め方をご紹介したいと思います。

LINEルートとnimocaルートを比較してどちらのルートを使うか検討したい場合は以下の記事を参考にしてください。
nimocaルート(ニモカルート)とLINEルートのメリット・デメリットを比較!ソラチカルート封鎖後はどちらのルートを使うべきか

また、今回はnimocaルートについては説明しませんが、nimocaルートについて知りたい方は以下の記事でご確認ください。
「ANA VISA nimocaカード」誕生!nimocaルート(ニモカルート)開通によるソラチカルートへの影響は?

最もANAマイルを貯めることができるのが「LINEルート」

以前はソラチカルートとよばれる史上最強のルートが存在していたのですが現在はそのルートを使ってマイルに交換することはできなくなってしまいました。そのため、今はLINEルートとよばれるルートが最もANAマイルが貯まるルートとなっています。

ではLINEルートでのポイント交換の流れを確認していきましょう。LINEルートは下図のような流れになっています。

LINEルート

ハピタス、ECナビ、GetMoney!、ちょびリッチといったポイントサイトから最終的にANAマイルに交換するには、貯めたポイントをPeX、ワールドプレゼント、G-Point、LINEポイント、そして東京メトロのメトロポイントと経由させる必要があります。(PeX、ワールドプレゼント、LINEポイント、メトロポイントについては後ほどご説明します)

また、LINEルートの図を見てもらうとわかりますが、モッピー、G-Pointやポイントタウンで貯めたポイントはPeXやワールドプレゼントを経由させる必要がないため少し楽にANAマイルに交換することができます。

LINEルートの図中の矢印に100%や90%といった数字が書いてありますが、これはポイントの交換レートとなります。つまりハピタスなどのポイントサイトで貯めたポイントはLINEポイントまでは等価交換(100%)で交換可能ですが、LINEポイントからメトロポイントへの交換レートは90%、そしてメトロポイントをANAマイルに交換する際にも90%での交換レートとなります。要するにLINEポイントは81%のANAマイル還元率(90%×90%)ということになります。つまりハピタスで10,000ptを貯めてLINEルートでANAマイルに交換した場合、最終的には8,100ANAマイルとなることを意味しています。

ちなみに、PeXから直接LINEポイントにも交換することができます。この場合、少し交換レートが悪くなってしまいますが、手間を省くことができ、ANAマイルに交換するまでの日程も短縮させることができます。
PeXからLINEポイントへの交換レートがドドンと24%アップしたので実際にメトロポイントまで交換してみた

ポイントサイト初心者の方にとっては少し難しく感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど大変な作業ではありません。

LINEルートでポイントをANAマイルに交換するにはポイントサイト以外にも登録が必要

先ほど見たLINEルートの図にはポイントサイト以外にもPeX、ワールドプレゼント、LINEポイント、メトロポイントといったポイントが出てきましたが、LINEルートを使ってANAマイルに交換するにはこれらのポイントも使えるようにしておく必要があります。

中継サイト「PeX」

中継サイトといっても機能はポイントサイトと同じなのですが、色々なポイントサイトからポイントを交換して集めてくることができるため一般的に陸マイラーからは中継サイトとよばれています。

LINEルートでANAマイルを貯めるには「PeX」という中継サイトが必須となります。

三井住友カードのワールドプレゼント

LINEルートでPeXからのポイント交換先となるワールドプレゼントは三井住友VISAカードのポイントサービスになります。

そのためワールドプレゼントを貯めるためにはVISAのクレジットカードを発行しておく必要があります。まだVISAのクレジットカードを発行していない人はさっそくポイントサイトを経由して発行してみてポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

LINEポイント

LINEポイントについては説明不要かと思いますがコミュニケーションサービスであるLINEのポイントサービスです。

以前は中継サイトとしてご紹介したPeXなどからメトロポイントに交換することができたのですがその交換ルートについては改悪により封鎖されてしまい、現在は高いレートでメトロポイントに交換するにはこのLINEポイントを利用するしかありません。

東京メトロのメトロポイント

LINEポイントをメトロポイントに交換するには東京メトロが発行する『ANA To Me CARD PASMO JCB』通称ソラチカカードを発行する必要があります。

まだソラチカカードを持っておらず陸マイラーとしてANAマイルを貯めようと考えている場合、LINEルートを利用するのであればすぐにソラチカカードを作っておいた方がいいでしょう。

4.ポイントをANAマイルに交換する

最終的にANAマイルに交換するポイントは東京メトロのメトロポイントになります。

メトロポイントからANAマイルへの交換レートは90%のため下図のように100メトロポイントが90ANAマイルになります。この高い交換率こそがソラチカカードが必須である理由です。
ソラチカルートでANAマイルに交換

楽天スーパーポイントやnanacoポイント、TSUTAYAのTポイントなどANAマイルに交換できるポイントはいくつもありますが、交換率は50%とソラチカカードと比べて物凄く低いです。つまり100ポイントが50ANAマイルにしかならないということです。

ちなみに、メトロポイントは月に20,000ポイントまでしかANAマイルに交換できないという制約があります。つまりソラチカルートで毎月貯めることができるANAマイルは、20,000ポイント×90%=18,000ANAマイルということになります。

この方法で継続して月に20,000ポイントをANAマイルに交換すると18,000ANAマイル×12ヶ月で1年間で216,000ANAマイル貯めることができます。

ANAマイルの貯め方まとめ

大量のANAマイルを貯めることは意外と簡単だと感じてもらえたかと思います。肝心なのはクレジットカード決済だけでマイルを貯めるという思考は綺麗さっぱり捨て去り、ポイントサイトで貯めたポイントをLINEルートでANAマイルに交換するということです。

僕もクレジットカード決済だけでマイルを貯めていたときは年間20,000ANAマイル程度しか貯まりませんでしたが、今では以前と比較にならない程ANAマイルを貯めることができています。

陸マイラーになる前はビジネスクラスに乗って海外旅行をするなんて想像もしていませんでしたが、陸マイラーになってからは、本来であれば100万円近くするヨーロッパへのビジネスクラスでの旅行や、ファーストクラスで東南アジアも経験することができました。当然、現金ではなくANAマイルで特典航空券を予約したので燃油サーチャージや税金以外のお金はかかりません。

1年間で20万ANAマイル貯める方法は、実際にやりはじめるまでは面倒だと感じることもありますが重い腰をあげてやってみると、きっとビジネスクラスでのハワイ旅行が驚くほど身近になると思いますよ。

冗談抜きに世界が変わります。

ホテルの上級会員になればもっと贅沢な旅行もできる

ポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めれば例え年収300万円でもビジネスクラスで海外旅行ができるということがわかってもらえたかと思いますが、もうワンランク上の気分を味わいながら旅行をしたい場合にお勧めなのが『SPGアメックス』というクレジットカードです。

年会費はかかりますが『SPGアメックス』があればマリオットやリッツ・カールトンといった名だたるホテルの上級会員として特典を受けることができます。

そして『SPGアメックス』をショッピングで使えばポイントが貰え、そのポイントでホテルに無料宿泊することも可能です。

僕はポイントサイトのポイントでANAマイルを貯めて、クレジットカードの決済はこの『SPGアメックス』をメインに使ってホテルに無料で宿泊しています。
SPGアメックス紹介キャンペーンで36,000ポイントが貰える!高級ホテルに無料で泊まれるSPGアメックスのメリットを解説

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで36,000ポイント

36,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。