ANAビジネスクラスで魅惑の国モロッコへ(交通編)

ANAビジネスクラス モロッコ 交通編

 

モロッコシリーズも4回目になりました。今回は宿泊編、都市編に続いてモロッコでの交通手段について書こうと思います。

モロッコでの交通手段

モロッコでの主な交通手段としては、鉄道、バス、タクシーが挙げられます。飛行機は国内だとロイヤルエアモロッコが運航していますが遅延も多く現地の人も国内線はあまり利用しないのだそうです。

モロッコの鉄道事情

モロッコを走る鉄道としてはモロッコ鉄道(ONCF)があります。モロッコ全土をカバーしているわけではありませんが、タンジェ、ラバト、カサブランカ、マラケシュ、フェスなどの主要都市には乗り入れています。

座席が指定されている1等席と自由席の2等席があります。どちらも乗りましたが1等席の方が座席も広く快適です。とは言っても2等席でも特に不満はありませんでした。

僕がモロッコでONCFを使ったのはカサブランカ⇔モロッコだけですが概ね時間も正確でした。

ONCFの時刻表検索

ONCFのWEBサイトからチケットも購入できるのですが日本で発行されたクレジットカードだと決済できないようです。僕も事前にチケットを手配していくつもりでしたが決済画面でエラーになって購入できませんでした。購入できたと書かれていたブログもあったのでまずは日本にいるうちに試してみるのもいいかもしれませんね。

決済はできなくても時刻表の検索はできるので行く場所が決まっているのであれば事前に時間を調べておいた方がいいと思います。調べ方は至って簡単です。

ONCFのWEBサイト(https://www.oncf-voyages.ma/)にアクセスすると下図の検索画面が表示されます。

ONCF時刻表検索

そうしたら項目を選択して「Rechercher」ボタンをクリックするだけです。フランス語がわからなくても直感的に使えるかと思いますが念のため各項目に何を選択するのか書いておきます。

項目 内容
Gare de départ 出発地を選択します
Gare d’arrivée 目的地を選択します
Type de voyage 片道(Aller simple)か往復(Aller/Retour)を選択します
Nombre 人数を選択します
Date d’aller 出発日を選択します
Confort 1等席(1ère classe)か2等席(2ère classe)を選択します

試しにカサブランカのムハンマド5世国際空港駅からマラケシュ駅までの2等席で検索すると以下のような結果が表示されました。列車は2時間おきに出ているようです。

ONCF時刻表検索結果

「Départ」は出発時刻、「Arrivée」は到着時刻、「Correspondance」は乗り換え駅、「Numéro de train」は列車No、「Tarif」が料金です。

下の写真は日付こそ違いますが僕が実際に購入したムハンマド5世国際空港駅からマラケシュ駅までのチケットです。現地で初めて目にするよりも事前にどこに何が書かれているか知っておいた方がいいと思うので載せておきますね。

このチケットは2等席なので自由席なのですが1等席のチケットは左側の「Place」、「Compart」、「Voiture」に数字が記入されていてその座席に座ることになります。わからなくても列車に乗るとき駅員にチケットを見せたらちゃんと教えてくれますのでご心配なく。

ONCFチケット

モロッコのバス事情

モロッコのバスには、CTMバス、スープラトゥールバス、そして民営バスと大きく3種類あります。

民営バスは安いですが車両はボロくてエアコンも付いておらず、目的地に行くまでの間にどこででも人が乗り降りするらしく時間がかかるようです。僕は最初からモロッコで民営バスには乗るつもりは無く民営バスについては何も知りませんのでCTMとスープラトゥールについてだけ書くことにします。

CTMバスとスープラトゥールバスは民営バスに比べると値段は高いですが、比較的新しい車両でエアコンが完備されていて座席指定です。そして民営バスと違い目的地まで決められた停留所でしか停まらないため所要時間も短くて済みます。バスによってはWi-Fiも飛んでいます。

マラケシュ⇔エッサウィラのようにCTMとスープラトゥールどちらも走っている区間もあれば、マラケシュ⇔メルズーガのようにスープラトゥールしか走っていない区間やフェス⇔シェフシャウエンのようにCTMしか走っていない区間もあるので事前によく調べておいた方がいいと思います。

CTM、スープラトゥールとも観光客だけでなくモロッコの人もよく利用するため、人気路線だと希望のチケットが売り切れてしまうことがあります。そのためできる限り前日までに購入しておいた方がいいと思います。街に着いたらまずは次の街に向かうチケットを購入しておくというスタンスがベストだと思います。

ちなみにCTMとスープラトゥールもONCFと同様にWEBサイトからチケットを購入することはできませんでした。こちらもまずは試してみてください。WEBサイトから購入できない場合、チケットは各社のバスターミナルで購入することになります。

CTMバスの時刻表検索

CTMバスもWEBサイトから時刻表の検索が可能です。

画面右上に下図の検索項目が表示されるので、出発地、目的地、出発日、人数を選択して検索します。

CTMバス 検索画面

例えばフェス発のシェフシャウエン着で検索すると下図のような結果が表示されます。「Heure Départ」が出発時刻、「Heure Arrivée」が到着時刻、「prix en MAD(DH)」が料金で、1日に4便出ていることがわかります。

下の方をみると途中で15分休憩があることも表示されています。

CTMバス 検索結果

そして下の写真がフェスからシェフシャウエンまでの実際のチケットです。右側にNo37と書かれていますがその座席が指定席です。実際にバスに乗ってみると座席番号が書かれている場所がすごくわかりにくいバスが多いのでよーく探してみてください。

CTMバスチケット

あと、CTMのチケットを予約する際に覚えておいた方がいいことがひとつあります。

スープラトゥールは実際に乗車するバスターミナルでしかチケットを購入することができないのですが、CTMは発着地にかかわらずCTMのバスターミナルであればどこでも購入することができます。

  • スープラトゥール:乗車するバスターミナルでのみチケット購入が可能
  • CTM:発着地にかかわらずCTMバスターミナルであればどこでも購入が可能

例えば僕はフェスからシェフシャウエンへはCTMで行ったのですが、ここは人気路線のためフェスに行ってから購入しようとすると売り切れている可能性があります。そのためマラケシュに着いた翌日(フェスに行く5〜6日前)にマラケシュのCTMバスターミナルでチケットを購入しておきました。

スープラトゥールの時刻表検索

スープラトゥールバスもWEBサイトから検索可能です。CTMバスとほとんど同じなので詳しいことは省略します。

スープラトゥール 予約画面

マラケシュ発メルズーガ着で検索してみると1日1便、午前8時30分発でメルズーガに到着するのが21時であることがわかります。

スープラトゥール 検索結果

CTMバスはどこのCTMバスターミナルでも予約可能ですが、スープラトゥールは乗車するバスターミナルでしかチケットを購入することができないので注意しましょう。

スープラトゥールバスのWEBサイトも載せておきます。

モロッコのタクシー事情

モロッコのタクシーには街から街へと比較的長距離の移動に使うグランタクシーと、街中など近距離での移動に使うプチタクシーとがあります。

海外ではタクシーに乗ったらぼったくられたとか、知らない場所に連れて行かれて危ない目に遭いかけたといった話を耳にすることがあります。

しかしモロッコで20回ほどタクシーを利用しましたがそんなドライバーは1人もいませんでした。むしろ優しくしてくれた人の方が多かったです。ですが女性1人の場合は十分気をつけてください。

僕はプチタクシーしか乗っていませんがグランタクシー、プチタクシーともに料金は事前交渉です。

どこの都市でも旧市街に泊まると駅やバスターミナルから離れていることが多く、プチタクシーで移動することも多くなると思います。ただ、日本と比べると料金はかなり安いです。

ちなみに日本でタクシーを利用する場合だと後部座席に座ることが多いと思いますが、モロッコのタクシーは最初の客は後部座席ではなく助手席に乗ります。

「最初の客は」と書きましたがモロッコではタクシーは相乗りが基本です。そのため僕がタクシーに乗っていても現地の人は手を挙げて止めようとしますしドライバーも行き先を聞いて同じ方向であれば僕が既に乗っていようとお構いなしに他の客を乗せます。なかなか気まずいですが慣れてしまうと何とも思わなくなります。

そして残念ながら相乗りになっても料金が安くなることはなく降りる際には事前に交渉した金額を支払います。

鉄道、バス、タクシーに関する説明はこんなところでしょうか。次は僕が移動したルートをもう少し具体的に説明しようと思います。
*ちなみにこの記事の料金や時刻表はすべて2017年3月時点のものです。

カサブランカ⇔マラケシュ(モロッコ鉄道)

カサブランカのムハンマド5世国際空港で入国審査を済ませ預け荷物を受け取ってゲートを出るとすぐにモロッコ鉄道(ONCF)への案内が出ています。

案内に沿って歩けば駅に向かう下りエスカレーターがあるので、そのエスカレーターを降りて改札で切符を買えばすぐにONCFに乗ることができます。

モロッコ カサブランカ駅

ONCFの乗車券には1等席と2等席があります。僕は帰りこそ1等席でしたがカサブランカからマラケシュは1等席を取ることができずに2等席でした。2等席でも問題ないですがカサブランカ⇔マラケシュは4〜5時間という長丁場なので1等席がお勧めです。

乗車中はずっと荒野のような場所を走り続けており変わり映えのしない景色が続くので結構退屈です。

カサブランカ⇔マラケシュの時刻表です。本数は比較的多く2時間おきに出ていて、料金は2等席で138DH(約1,650円)、1等席だと212DH(約2,540円)です。

【カサブランカ発マラケシュ着】

出発時刻 到着時刻 乗り換え駅 料金
4:00 8:10 L’oasis 1等席:212DH(約2,540円)
2等席:138DH(約1,650円)
6:00 10:10 L’oasis
8:00 12:10 L’oasis
10:00 14:10 L’oasis
12:00 16:10 L’oasis
14:00 18:10 L’oasis
16:00 20:10 L’oasis
18:00 22:10 L’oasis

【マラケシュ発カサブランカ着】

出発時刻 到着時刻 乗り換え駅 料金
4:45 9:45 L’oasis 1等席:212DH(約2,540円)
2等席:138DH(約1,650円)
6:45 11:45 L’oasis
8:45 13:45 L’oasis
10:45 15:45 L’oasis
12:45 17:45 L’oasis
14:45 19:45 L’oasis
16:45 21:45 L’oasis
モロッコ 鉄道ONCF

ネットで調べるとCasa Voyageurs(カサ・ボワヤジュール)駅で乗り換えたという記事が多いですがチケットを確認すると乗り換え駅はL’oasis(ロアシス)駅となっています。僕はマラケシュに向かう際L’oasis駅で降りるのを忘れて次のCasa Voyageurs駅で降りましたがマラケシュ行きの列車に乗れたのでどちらでもいいのかもしれません。

マラケシュ駅に着いたらもうすっかり日も暮れていましたが想像以上に栄えていたので驚きました。駅ナカにはマクドナルドも入っていました。

マラケシュ駅

マラケシュ駅から旧市街(メディナ)の中心地であるフナ広場まではプチタクシーで30DH〜50DH(約360円〜600円)程度だったと思います。メーター制ではないので料金は交渉になります。

マラケシュ⇔エッサウィラ(スープラトゥールバス)

マラケシュとエッサウィラを結ぶ交通機関はバスです。

モロッコのバスには民営バスを除きCTMバスとスープラトゥールバスの2社あることは説明しました。この区間はCTMバスとスープラトゥールバスどちらも運行していますがスープラトゥールをお勧めします。理由としてはスープラトゥールバスのバスターミナルの方がエッサウィラの旧市街(メディナ)に近いためです。

下の地図を見てもらうとわかりますがCTMバスターミナルからメディナまではスープラトゥールバスに比べて倍以上の距離があります。日帰りでエッサウィラに行くのであればなるべくメディナに近いバスターミナルを使ってエッサウィラで遊ぶ時間を長く作った方がいいです。

エッサウィラの地図

スープラトゥールバスの時刻表も載せておきます。

【マラケシュ発エッサウィラ着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
8:30 11:30 [プレミアム車] 往復220DH(約2,640円)
[プレミアム車以外] 往復140DH〜160DH(約1,680円〜1,920円)
9:00 12:00 プレミアム
10:30 13:30
14:30 17:45
17:00 20:00
19:00 22:00

【エッサウィラ発マラケシュ着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
6:45 10:30 [プレミアム車] 往復220DH(約2,640円)
[プレミアム車以外] 往復140DH〜160DH(約1,680円〜1,920円)
9:00 12:30
11:45 14:45
15:15 18:15
17:00 20:00 プレミアム
18:00 21:00

午前9時のマラケシュ発とエッサウィラ17時発の便に「プレミアム」と記載していますが、これはプレミアム車のことでWi-Fiも完備されています。

そして、スープラトゥールバスは乗車するターミナルでしかチケットを購入できないと説明しましたが、プレミアム車だけはマラケシュのターミナルで往復券を購入することができます。そのためエッサウィラに着いてから帰りのチケットを購入する必要がなくなります。

プレミアム車を使わない場合の往復料金は140DH〜160DH(約1,680円〜1,920円)くらいだったと思いますが、プレミアム車の場合はもう少し高くて往復で220DH(約2,640円)です。

エッサウィラは人気のため、プレミアム車以外で日帰りのつもりでエッサウィラに行くと帰りのチケットを購入するのに一苦労で、下手するとその日のチケットを取れないケースもあるそうですので心配ならプレミアム車を予約しておけばいいんじゃないかと思います。

マラケシュ⇔メルズーガ(スープラトゥールバス)

マラケシュとメルズーガ間はスープラトゥールバスが山道を約12時間かけて走っています。

山道のため現地の人でも酔ってしまうと言われていますが個人的にはそんな感じでもなかったです。ただし乗り物酔いしやすい人は念のため酔い止め薬など持参しておいた方がいいかと思います。

マラケシュでサハラ砂漠ツアーに申し込んだ人はこの経路はツアーの車で走ることになると思います。そしてツアーだとマラケシュとメルズーガ間にあるアイト・ベン・ハドゥという世界遺産にも寄ることができると思います。

この区間で何よりつらいのは乗り物酔いよりも暇すぎるということでした。途中で昼ご飯休憩と何回かのトイレ休憩はありますが、それ以外はずっとバスに乗りっぱなしなので時間を潰すのに一苦労です。

そこで僕は日本にいる間に予めFireタブレットに映画をたくさんダウンロードしておいて、バスの中ではひたすらamazonビデオを観ていました。
SFC修行をするならAmazonプライム会員になるべき理由

この区間の料金は235DH(約2,820円)です。

【マラケシュ発メルズーガ着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
8:30 21:00 235DH(約2,820円)

メルズーガで僕が泊まったリヤドマムーシュはメルズーガにありますが、リヤドマムーシュに泊まる場合は終着駅のメルズーガまで乗ってはいけません。メルズーガの一つ手前にあるHassi labiadというバスターミナルで降りましょう。

バスを降りるときには既に夜ですがバスターミナルまでリヤドのスタッフが車で迎えに来てくれるので安心です。念のため事前にメールで迎えに来て欲しいとお願いしておいた方がいいかもしれません。

メルズーガ⇔フェス(スープラトゥールバス)

メルズーガで砂漠ツアーを終え、次の目的地はシェフシャウエンだったのですがメルズーガからシェフシャウエンまでの直行便は出ていません。そのため、まずはスープラトゥールバスでフェスに向かう必要があります。メルズーガからフェスに向かうバスは1日1本だけで、料金は190DH(約2,280円)です。

【メルズーガ発フェス着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
19:00 4:59 190DH(約2,280円)

なぜフェスに午前5時という恐ろしく早い時間に到着する必要があるのかまったく理解できませんが、とりあえずフェスに着くまでずっと寝ていました。

フェスのスープラトゥールバスターミナルは鉄道フェス駅の近くにあります。フェスはあまり治安が良くないらしいのですが、バスでフェスに着くのが早朝でまだ暗いため、タクシーを拾う場合や別のバスに乗り継ぐ場合などは荷物を持って暗い街をウロウロするよりもひとまず鉄道フェス駅に行きロビーで日が出るのを待ってから行動するのが賢明です。フェス駅のロビーには始発を待つ旅行客や地元の人たちがいて安心でした。

フェスからメルズーガに向かう人は以下の時刻表を参考にしてください。

【フェス発メルズーガ着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
20:30 6:30 190DH(約2,280円)

フェス⇔シェフシャウエン(CTMバス)

メルズーガからフェスまではスープラトゥールバスでしたが、フェスからシェフシャウエンへはCTMバスで、料金は75DH(約900円)です。ここは人気路線なので早めに予約した方がいいでしょう。モロッコでの行程が決まっているのであればモロッコで最初にCTMバスターミナルに寄る際にこの路線の予約もしておくのが賢明だと思います。

【フェス発シェフシャウエン着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
8:00 12:00 75DH(約900円)
11:00 15:00
16:15 20:15
23:45 3:50

バスではずっと外を見ていたのですが綺麗な景色が多かったので、できれば明るい時間に乗った方がいいです。早く着いた方がシェフシャウエンで楽しむ時間もたくさん作れますしね。

シェフシャウエンからフェスに向かうルートの方がより人気路線らしいのでこちらも利用する場合は早めに予約しておいた方がいいと思います。

【シェフシャウエン発フェス着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
10:45 15:00 75DH(約900円)
13:15 17:30
15:15 19:30
18:00 22:00

シェフシャウエンについてはこちらの記事に詳しく書いてあります。
【シャウエン】死ぬまでに一度は見たいモロッコにある青い街!その魅力や行き方を詳しく解説

シェフシャウエン⇔カサブランカ(CTMバス)

シェフシャウエンからカサブランカには1日1本、CTMバスが出ており料金は140DH(約1,680円)です。

【シェフシャウエン発カサブランカ着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
7:00 13:00 140DH(約1,680円)

僕はマラケシュまでCTMバスだったのですが、マラケシュまで行く場合はカサブランカのバスターミナルで13:30発の便に乗り換えることになります。シェフシャウエンでカサブランカまでのチケットとカサブランカからマラケシュまでのチケットと2枚もらえるので詳しくはチケットを確認してください。

シェフシャウエン発の便は1日1本で午前7時と早い時間なのに、バスターミナルはシェフシャウエンの旧市街から離れているので時間に遅れないように注意しましょう。タクシー使えばいいやと考えていても早朝なので捕まらないかもしれませんよ。

最後に、僕は使っていませんがカサブランカからシェフシャウエンまでの時刻表を載せておきますね。

【カサブランカ発シェフシャウエン着】

出発時刻 到着時刻 備考 料金
13:30 20:00 140DH(約1,680円)

モロッコでの移動は想像以上に大変ですがぜひモロッコを楽しんでみてください。

モロッコの関連記事

ANAビジネスクラスで魅惑の国モロッコへ

ANAビジネスクラスで魅惑の国モロッコへ(プチ情報編)

ANAビジネスクラスで魅惑の国モロッコへ(都市編)

ANAビジネスクラスで魅惑の国モロッコへ(宿泊編)

【シャウエン】死ぬまでに一度は見たいモロッコにある青い街!その魅力や行き方を詳しく解説

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで36,000ポイント

36,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。