【2022年最新】東南アジア旅行での移動はGrabのアプリが超便利!日本にいながらGrabにクレジットカードを登録する方法を解説

  • URLをコピーしました!

海外旅行で配車アプリを利用することはすっかり一般的になりました。

世界的に有名な配車アプリといえばUberですが、Uberはマレーシア、タイ、シンガポール、インドネシア、ベトナムといった東南アジア地域からはすでに撤退しており、東南アジアで配車アプリを使うにはGrab(グラブ)を使うことになります。

しかし、Grabは日本でサービスを展開していないためアプリのインストールやアカウント登録はできるのですが、日本でクレジットカードを登録しようとしてもエラーとなり登録することができません。

現地(Grabがサービス実施している国)に着いてからだと問題なくGrabにクレジットカードを登録できるのですが、いざ現地に着いてから登録しようとしてもうまく登録できなかったらどうしようという不安がつきまとうので、できれば日本にいるうちにGrabにクレジットカードを登録しておきたいところです。

自分も先日マレーシアに行ってきましたが、日本で予めGrabにクレジットカードを登録しておくことで安心してGrabを利用することができました。

そこで今回は日本でGrabにクレジットカードを登録する方法を解説します。Grabにクレジットカードを登録できずに悩んでいる人の助けになれば幸いです。

目次

Grabの基本情報

冒頭で書いたとおりGrabはUberと同じような機能をもつ配車アプリです。

UberときいてUber eatsしか思い浮かばない人は、タクシー配車アプリのDiDiやGoなどをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

日本ではUberほど知名度が高くないので怪しいと感じるかもしれませんが、アプリ名と同じGrabというシンガポールに拠点を置く会社が運営しており米ナスダック市場にも上場しています。

アプリ自体は6億人以上の利用者がいるそうですし、自分もマレーシアで何度も使いましたが何のトラブルもなかったので安心して使えるアプリです。

2018年にUberが東南アジアでの配車事業をGrabに売却して東南アジアではGrabが最大の配車サービス企業となっており、2022年11月現在Grabは東南アジア8ヶ国でサービスを展開していいます。

  • シンガポール
  • コロンビア(プノンペン、シェムリアップ)
  • インドネシア(ジャカルタなど)
  • マレーシア(クアラルンプールなど)
  • ミャンマー(マンダレー、ヤンゴン)
  • フィリピン(セブ、マニラなど)
  • タイ(バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケットなど)
  • ベトナム(ハノイ、ホーチミン、フエなど)

旅行先でGrabを使った方がいい理由

現地では電車やタクシーを利用するのでGrabは不要という人もいるかもしれませんが、Grabを使うことには以下のようなメリットがあります。

  • スマホ上でピックアップ場所と目的地を指定するだけでドライバーが目的地に連れていってくれる
  • ドライバーは自分のスマホで目的地を把握できるため現地の言葉がわからなくても説明不要
  • 目的地を指定すれば料金が決定するため現地の相場がわからなくてもぼったくりの心配がない
  • 支払いはキャッシュレスのため現金のやり取りは不要

めちゃくちゃ便利なのでマレーシアではたった2日間の滞在でしたが20回近く利用しました。

海外だと国によっては下手にタクシーを使う方がぼったくられたり、ひと気のない道に連れて行かれて事件に巻き込まれる危険性もあるので東南アジアに旅行をする際はとりあえずGrabをインストールしておいた方が安心です。

Grabの利用履歴

日本でGrabにクレジットカードを登録する方法

前置きが長くなりましたが日本にいるうちにGrabにクレジットカードを登録する方法を紹介していきます。

STEP
Grabへの登録

まずはGrabアプリをダウンロードしてアカウント登録を行います。

Grab Superapp

Grab Superapp

Grab.com無料posted withアプリーチ

画面下に表示される「Net to Grab? Sign up!」をタップします。すでにアカウント登録済の人は上の「Log in」ボタンをタップしてください。

GRABにクレジットカードを登録する方法
STEP
電話番号によるSMS認証

アカウント登録する際にSMS認証用の電話番号を入力します。この電話番号はSMSを受信できる状況であれば日本の電話番号で大丈夫です。

GRABにクレジットカードを登録する方法

入力した電話番号宛にショートメッセージが届いたらアクティベーションコードを入力します。

GRABにクレジットカードを登録する方法
STEP
メールアドレスの認証

次はメールアドレスの認証となりますのでメールアドレスと氏名を登録します。

GRABにクレジットカードを登録する方法

入力したメールアドレス宛に届いたメールの「Verify Email Address」をクリックすると認証が完了します。

STEP
位置情報の設定

サービス対象国にいる場合は「Car」というアイコンが表示されて配車を行えるのですが、日本だとサービスが実施されていないため出てきません。

画面左上の「Add Card」をタップしてクレジットカードを登録してみます。

GRABにクレジットカードを登録する方法

クレジットカード番号を入力しても「Sorry, this card isn’t supported in this country.」と表示されて登録することができません。

GRABにクレジットカードを登録する方法

実はGrabは位置情報を使ってサービス対象の場所からのアクセスかを判断しているだけなので、スマホの位置情報の設定を変更してあげるだけでクレジットカードを登録できるようになります。

iphoneであれば、設定->「プライバシーとセキュリティ」->「位置情報サービス」で「位置情報サービス」自体をオフにするかGrabアプリを選択して位置情報の利用を「許可しない」に設定します。

GRABにクレジットカードを登録する方法

位置情報をオフにしてもう一度Grabを起動すると以下の画面が表示され位置情報について確認されるので、「Enter My Location」をタップします。

すると自分で位置情報を設定することになるのでGrabが利用できる国を選択して住所を入力します。

GRABにクレジットカードを登録する方法

「Searching in」の項目にMalaysiaを選択してみます。

その下の欄に住所を入力する必要がありますが正確に住所を入力する必要はありません。例えば「KL Sentral」と入力すればいくつか候補が出てくるので適当に選択すればOKです。

GRABにクレジットカードを登録する方法

これで位置情報の設定は完了です。

位置情報の設定によりGrabのサービス対象場所にいることになったのでもうクレジットカードを登録できるようになります。

STEP
クレジットカードの登録

位置情報をGrabが利用できる国に設定してホーム画面を開くと今度は「Car」のアイコンが表示されるようになります。

先ほどと同じように「Add Card」をタップしてクレジットカードを登録してみます。

GRABにクレジットカードを登録する方法

今度はクレジットカード情報を入力してもエラーメッセージは表示されることはありません。入力が完了したら「Save」をタップします。

GRABにクレジットカードを登録する方法

無事にクレジットカードが登録されました。

GRABにクレジットカードを登録する方法

現地でGrabを利用するときは位置情報の利用を許可する設定に戻しておけば、問題なくGrabを利用することができます。

日本でGrabにクレジットカードを登録する方法まとめ

Grabにクレジットカードを登録する方法について解説しました。

Grabはスマホの位置情報からサービス対象国にいるかどうかを判断しているだけなので、位置情報の設定を変更してあげることで日本にいてもクレジットカードを登録することができます。

現地で登録しても問題ないですが、なるべくなら日本にいるうちから登録してしておいた方が気持ち的に安心かと思います。

最後に、現地でインターネットを使えるようにしておかないと意味がないので気をつけてくださいね。SIMフリーのスマホならアジア14ヶ国で利用できるSIM2FlyのSIMカードがおすすめです。日本でも使えるので出国前にSIMカードを挿し替えておけばそのまま現地でも使えます。

シンガポールでトランジットしてマレーシアに行ったのですが日本からずっと挿しっぱなしで使えたのでとても便利でした。通信速度も快適でまったく不満がなかったです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次