イラフSUI沖縄宮古ホテル宿泊記!オーシャンビューコーナージュニアスイートで絶景を堪能

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古宿泊記

 

沖縄県宮古島市にある『イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古』に宿泊してきました。

宮古島より石垣島派なのでダイビングでしか宮古島には行かないのですが、今回はダイビングをすることもなくイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古に泊まることだけを目的に宮古島に行ってきました。

オープンして2年ほどのラグジュアリーホテルで、ホテル自体にも大満足だったのですが、プラチナエリート特典でアップグレードしてもらったオーシャンビューコーナージュニアスイートからの眺めが感動的でした。

この記事を見てくださっている方にイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の魅力が伝わるよう写真多めでレビューしていきたいと思います。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古について

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古の外観

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古(IRAPH SUI, a luxury Collection Hotel, Miyako Okinawa)は、沖縄県の宮古島に隣接する伊良部島という島にあるホテルです。

森トラストグループのホテルブランド「翠 SUI」を冠するとともに、マリオット・インターナショナルの最高級カテゴリーブランドである「ラグジュアリーコレクション」でもあるダブルブランドのホテルとなっています。

58室の客室には五感で海と島を感じながら滞在できる広い屋外バルコニーやガーデンがあり、客室によってはプライベートプールも付いています。開放的な眺望とモダンなインテリアのレストラン、海の眺めに溶け込むようなデザインのインフィニティプール、スパ、ビーチクラブなど、ラグジュアリーな施設となっています。

シーズンにもよりますがイラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古の宿泊料金はスタンダードな客室でも1泊7〜8万円、マリオットボンヴォイのカテゴリーも最高位となるカテゴリー8とまさにラグジュアリーホテルです。

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古
  • 名称:イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古
  • 所在地:沖縄県宮古島市伊良部字伊良部818番5
  • 開業:2018年12月19日
  • チェックイン:15時から
  • チェックアウト:12時
  • 客室数:58室
  • マリオットボンヴォイカテゴリー:カテゴリー8
  • オフィシャルサイト:https://www.suihotels.com/iraphsui-miyako_okinawa/

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古へのアクセス

宮古空港からイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古へのアクセスは、車で伊良部大橋を経由して20分ほどの場所にあります。伊良部大橋開通前は宮古島からレンタカーをフェリーに載せて伊良部島に渡っていたのですが、伊良部大橋が開通してから伊良部島へのアクセスが格段に便利になりました。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古では宮古空港と下地島空港からの無料送迎サービスも行ってくれていますが、島では車がないと不便なのでホテルに缶詰状態でもない限りレンタカーでのアクセスをおすすめします。

なお、イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の駐車料金は無料となっておりバレーパーキングサービスはありません。

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古の客室タイプ

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古にはスイートを含む全58室の客室があり、客室タイプは以下のようになっています。

客室タイプ 面積 室数
オーシャンビュールーム 45㎡ バルコニー 12㎡ 8室
アッパーオーシャンビュールーム 45㎡ バルコニー 12㎡ 27室
ガーデンジュニアスイート 67㎡ プール・ガーデン 42㎡ 6室
オーシャンフロントジュニアスイート 66㎡ バルコニー 17㎡ 2室
オーシャンビューコーナージュニアスイート 76㎡ バルコニー 17㎡ 5室
オーシャンフロント コーナージュニアスイート 71㎡ バルコニー 41㎡ 1室
ガーデン コーナースイート 98㎡ プール・ガーデン 57㎡ 2室
イラフ コーラルスイート 103㎡ ジェットバス・バルコニー 80㎡ 1室
ミヤコ ガーデンスイート 119㎡ プール・ガーデン 156㎡ 1室
ドッグフレンドリールーム 45㎡ バルコニー 12㎡ 3室
ドッグフレンドリー コーナージュニアスイート 76㎡ バルコニー 17㎡ 1室

元々はスタンダードなオーシャンビュールームをポイントで予約していましたが、マリオットボンヴォイのプラチナエリート特典で客室をアップグレードしていただきオーシャンビューコーナージュニアスイートに宿泊することができました。

ちなみに宿泊した日のオーシャンビューコーナージュニアスイートの料金は1泊16万円ほどでした。

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古にチェックインしてホテルの美しさに驚き

羽田から朝イチの直行便に乗り宮古島に到着しました。ホテルにはアーリーチェックインのリクエストをしていたものの、お昼を食べたり海を見に行ったりしていたので結局は15時ごろイラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古に到着しました。

チェックインの時間帯にかぶってもコロナ禍なので空いているかと思っていたのですが、駐車場に車を停めてホテルの中に入るとロビーでは3組ほどがチェックイン手続き中でした。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古にチェックイン

ホテルの入り口を進むとすぐに青々とした伊良部島の海とホテル自慢のインフィニティプールが目に飛び込んでくるので、ホテルに入った瞬間からテンションは最高潮に達します。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のインフィニティプール

そしてこちらがロビーの様子です。海とインフィニティプールを眺めながらのチェックインとなります。窓の外に広がる景色に気を取られてスタッフの方の説明があまり頭に入ってこなかったのですがそれも仕方ないかなと思えるほどの絶景です。

チェックインの際にマリオットボンヴォイのプラチナエリート会員の場合は朝食無料特典か1,000ポイントの特典かを選択することができますが迷うこと無く無料での朝食を選択しました。

レイトチェックアウトも可能でしたが飛行機の時間との兼ね合いもありお願いはしませんでした。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のロビーラウンジ

先ほどのインフィニティプールですがロビーを出てプールサイドから見た様子がこちらになります。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のインフィニティプール

宿泊したのは3月下旬で外に出ると半袖でも汗がにじむほどだったのですが、残念ながらインフィニティプールの営業は4月から11月のため泳ぐことはできませんでした。

ビーチパラソルの奥に見えるのがイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古で唯一のレストラン「TIN’IN(てぃんいん)」です。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のインフィニティプール

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の白い外観と宮古島の青い空とのコントラストが映えますね。

イラフSUIラグジュアリーホテル沖縄宮古の外観

海側から見たイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古です。3階建てのように見えますが実際には4階建てです。ロビー階が2階となっておりインフィニティプールより低い位置に1階があります。

都心に多い高層ホテルも魅力的ですが個人的にはイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のような低層ホテルの方がゆとりのある佇まいで好きです。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古の外観

アップグレードされたオーシャンビューコーナージュニアスイートの絶景に感動

それではオーシャンビューコーナージュニアスイートのお部屋を紹介していきたいと思います。オーシャンビューコーナージュニアスイートの間取り図は概ねこのような感じになっています。

オーシャンビューコーナージュニアスイート間取り図

部屋に入ると目の前にはクローゼットがあります。かなり広いのでたくさん荷物があってもスーツケースを広げてもスペースに余裕があるのが嬉しいです。クローゼットはバスルームともつながっています。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウォークインクローゼット

クローゼットにはスリッパだけでなくビーチサンダルも置いてありました。イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のロゴもプリントされていて可愛いですね。

今回はバルコニーで履くくらいしか使いませんでしたが夏は大活躍してくれそうです。

ビーチサンダル

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

ベッドルームに目を向けるとベッドと大きな窓が視界に入ってきました。興奮を抑えきれないままベッドルームへと足を運びます。

オーシャンビューコーナージュニアスイート

お待ちかねのベッドルームです。

キングサイズのベッドが置かれていてもなお十分なスペースが確保されており、リビングスペースはシンプルモダンで爽やかなインテリアで統一されています。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

ラグジュアリーホテルではよくシモンズのベッドが使われていることが多いですが、ここイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のベッドはエアウィーヴ製です。

柔らかすぎるベッドよりも少し硬めのベッドが好きなのですがこのベッドは今までに宿泊したホテルの中で一番硬かったです。それでも寝心地はとてもよく体が痛くなるといったこともありませんでした。

ちなみに、現在はコロナの影響でターンダウンサービスは中止となっています。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

海をイメージしたカーテンとクッションのブルーがいいアクセントになっています。奥に見えるのが広いウェットエリアになります。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

テーブルの上にはメッセージカード、お菓子そしてウェルカムフルーツのドラゴンフルーツが置かれていました。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェルカムフルーツ

上品なだけのお菓子ではなく、翡翠色のチョコ、紫芋のクッキーやドライマンゴーがしっかりと沖縄らしさを伝えてくれています。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェルカムフルーツ

そして閉められていたカーテンを開けてみると一面に海が広がっていました。

宿泊したオーシャンビューコーナージュニアスイートの客室は最上階となる4階だったこともあり、視界を遮るものは何ひとつなく水平線まで見渡せる圧巻の景色でした。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

2日間の滞在中、部屋にいるときは波の音だけを聞きながらただただ海を眺めていました。海だけしかないことにより贅沢で上質な時間を過ごすことができました。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルーム

ずっと海のある暮らしに憧れていたので目が覚めるとそばに海があるなんて最高の贅沢です。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのベッドルームから見える海

オーシャンビューコーナージュニアスイートのバルコニー

部屋からでも海を眺めることはできますがオーシャンビューコーナージュニアスイートには17㎡のバルコニーも備わっているので、より近くに海を感じたいのであればバルコニーに出るのがおすすめです。

バルコニーにあるソファに座ったり横たわって海を眺めているのも至福の時間です。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのバルコニー

右側には下地島が見えます。下地島には10分ほど車に乗れば行けるのでイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古に宿泊する際には有名な下地島空港のRW17エンドにもぜひ足を運んでみてください。干潮時間、日没時間、飛行機の離発着時間を調べてRW17エンドに行くとより楽しめると思います。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのバルコニー

反対側は海だけでなくインフィニティプールやビーチクラブなどホテルの施設も見えます。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのバルコニーからの眺め

オーシャンビューコーナージュニアスイートのミニバー

入り口からベッドルームまでの廊下にはミニバーがあります。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのミニバー

ミニバーには有料のアルコール類が置かれています。

冷蔵庫の中にはオリオンビール、炭酸飲料、お茶、ミネラルウォーター、そしてマンゴージュースが並んでいます。なぜか炭酸飲料が幅を利かせています。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古にはクラブラウンジが無いので、その代替サービスとしてマリオットのプラチナエリート会員以上であれば冷蔵庫にあるドリンクをすべて無料でいただくことができます。

無くなったら電話すると追加してもらえますし、連泊の場合は黙っていても次の日に補充してもらえます。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェットエリア

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェットエリアは白を基調として清潔感があり、写真を見てもらうとわかりますがものすごく広いのが特徴です。

写真左端がバスタブ、白いドアはトイレ、その横のガラス張りになっているところがシャワーブース、そして右端には洗面台があります。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェットエリア オーシャンビューコーナージュニアスイートのウェットエリア

洗面台は使い勝手のいいダブルボウルです。6万円近くする高級ドライヤーのレプロナイザー4D Plusも置かれています。

オーシャンビューコーナージュニアスイートの洗面台

シャンプー、コンディショナーといったアメニティはスエーデンのストックホルム発祥の『BYREDO』です。

オーシャンビューコーナージュニアスイートのアメニティ『BYREDO』

ザ・リッツ・カールトンなら『アスプレイ』、マリオットホテルであれば『THANN』といったようにホテルブランドごとにアメニティが統一されていることが多いですが、ラグジュアリーコレクションの『BYREDO』の香りが一番好きです。

シャンパンデイライト

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古では、毎日シャンパンのフリーフローサービス「シャンパンデイライト」が開催されていて、宿泊者であれば誰でも参加することができます。

日の入り時刻に合わせて開催されるため季節によって時間は異なるのですが、ロビーやプールサイドで夕日を眺めながらシャンパンを楽しむことができます。

残念ながら夜に車を運転する予定があったり部屋で寛いでいたりでシャンパンデイライトには参加することができませんでした。

レストラン『TIN’IN(てぃんいん)』の食事が美味しすぎる

今回の滞在ではイラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古のレストラン「TIN’IN」で朝食と夕食をいただきました。

朝食はプラチナエリート会員以上であれば特典を利用して無料でいただくことができますが夕食はお値段も張ります。それでも利用してよかったと思える絶品料理でした。

「TIN’IN」での朝食と夕食については別の記事でレビューしたいと思います。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古宿泊記レビューまとめ

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古に泊まるためだけに宮古島に行き2泊してきました。

インフィニティプールを備えたとても雰囲気の良いホテルでマリオットボンヴォイのカテゴリーが最高ランクのカテゴリー8なのも納得でした。

アップグレードしていただいたオーシャンビューコーナージュニアスイートでは見渡す限り海という夢のような空間で過ごすことができて本当に幸せな滞在となりました。

正直なところ宮古島は数年に1度訪れるくらいでいいかなという感じだったのですが、イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古があるなら今後は年に数回は訪れるようしたいと思いました。

イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古は本当におすすめできるホテルです。

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ マイレージランキング 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで39,000ポイント

39,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。