マリオットプラチナチャレンジでザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションに宿泊!東京タワーが見える部屋は控え目に言っても最高でした

ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション

プラチナチャレンジの第1泊目として港区高輪にある『ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション』に宿泊してきました。

実は1泊目のほかにプラチナチャレンジ中にもう1泊していますので2度の宿泊をまとめてレポートします。どちらも平日の夜に仕事を休むことなく慌ただしく宿泊しました。

 

プリンスホテルのフラッグシップ『ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション』

『ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション』は1988年10月に『高輪プリンスホテル さくらタワー』として開業しました。その後、2007年4月に現在の名前に変更して今に至ります。

それにしても『ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション』という長い名前が気になるところですが、この名前からもわかる通り西武グループが運営するプリンス系ホテルでありながらマリオットブランドであるオートグラフコレクションにも加入しているダブルブランドのホテルです。

そのためホテル名に読点「、」が含まれているのが面白いところです。

どうでもいいことですがマリオットのサイトでは『ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション』とマリオットブランドまで含めた表記となっている一方で、プリンスホテルのサイトでは『ザ・プリンスさくらタワー東京』としか表記されておらずマリオットブランドであるオートグラフコレクションは除かれています。

この記事では読点だけ省略して『ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション』と記載することにします。

ザ・プリンスさくらタワー東京 入り口

ホテルの入り口に掲げられているプレートからもザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションがダブルブランドのホテルであることがわかります。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションは品川駅の高輪口から徒歩で5分ほどのところにあります。

品川駅の高輪口といえばザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションの他にも品川プリンスホテル、グランドプリンス新高輪、グランドプリンス高輪とプリンス系ホテルが並んでいます。

品川駅 プリンスホテル

プリンス系ホテルは「ザ・プリンス」、「グランドプリンスホテル」、「プリンスホテル」の3ブランドで構成されており(2020年度には「プリンス スマートイン」も加わるようです)、ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションが含まれる「ザ・プリンス」はプリンスブランドのフラッグシップホテルとなっています。ザ・プリンスさくらタワー東京 外観

マリオットのホテルリワードカテゴリーでは日本最高

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションは、マリオットのホテルリワードカテゴリーではカテゴリー8となっています。

マリオットのカテゴリーにはカテゴリー9までありますが日本にはカテゴリー9のホテルが存在しないためカテゴリー8が最上位となっています。

このカテゴリー8に該当するホテルは以下の6ホテルしかありません。

  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート
  • 大阪マリオット都ホテル
  • ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション
  • 東京マリオットホテル
  • コートヤード・バイ・マリオット東京
  • オキナワマリオットリゾート&スパ

このうちコートヤード・バイ・マリオット東京とオキナワマリオットリゾート&スパについては、3月6日にカテゴリー8になったばかりです。

2018年SPGとマリオットのホテルカテゴリーが変更!セントレジス大阪がついに・・・

 

プラチナチャレンジではこれからもっとカテゴリーの低いホテルに泊まることになるのに、プラチナチャレンジ1泊目から贅沢にもこんな高級ホテルに宿泊してしまって大丈夫なのでしょうか。

プラチナチャレンジについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

ベストレート保証『Look No Further』にも成功

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションに宿泊するにあたって当然ベストレート保証(ベストレートギャランティー:BRG)も申請しました。

当初は一番安いデラックスという部屋を予約してベストレート保証を申請しようとしたのですが公式サイトよりも安い料金を見つけることができませんでした。

そのためデラックスよりもう少しランクが上のタワーサイド・デラックスという東京タワービューが確約されている部屋を予約してベストレート保証を申請しました。

ベストレート保証は見事成功し、サービス料や税金を含めて35,751円だったところが23,273円と35%割引となる料金で泊まることができました。結果として当初予約しようとしていたデラックスの料金よりも安くなったので、一番安い部屋でベストレート保証を通りそうもないときは部屋のランクを上げて探してみるという方法も使えそうです。

それでも1泊2万円以上と普段泊まるホテルに比べると何倍も高いので得なのかときかれると何とも言えません。

ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション ベストレート保証

プラチナチャレンジに限らず有償で宿泊する場合はぜひベストレート保証を申請してお得に宿泊しましょう。

コートヤードバイマリオット台北に宿泊してSPGアメックスパワーでエグゼクティブルームにアップグレード

コートヤード・バイ・マリオット 新大阪に宿泊してアップグレードやベストレート保証にも成功!

ベストレート保証の詳細や具体的な申請方法については以下の記事を参考にしてください。

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションにチェックイン

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションに到着したのは午後10時過ぎでした。

翌朝に撮った写真と混在していますが、ホテルの入り口からロビーに至るまで広々とした空間が続いておりラグジュアリーな雰囲気を醸し出していました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 ザ・プリンスさくらタワー東京 入り口 ザ・プリンスさくらタワー東京 ロビー ザ・プリンスさくらタワー東京 ロビー ザ・プリンスさくらタワー東京 ザ・プリンスさくらタワー東京 廊下

果たして部屋のアップグレードは?

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションの部屋はデラックス、サウスサイド・デラックス、タワーサイド・デラックスといった感じでグレードが別れています。

ウェブサイトには以下のようにもっと細かく分類されており、宿泊したタワーサイドデラックスキングよりもグレードが上の部屋で広くてタワーサイド(東京タワーの展望が確保されている)の部屋だと「さくらスイート」だけになってしまうのでしょうか。

客室 面積
さくらスイート 85.91㎡
サウスサイド プレミアコーナーツイン 52.97㎡
サウスサイド プレミアコーナーツイン(エアウィーヴフロア) 52.97㎡
プレミアコーナーツイン 52.97㎡
サウスサイド プレミアコーナーキング 52.97㎡
プレミアコーナーキング 52.97㎡
タワーサイド デラックスコーナーキング 39.84㎡
タワーサイド デラックスコーナーキング(エアウィーヴフロア) 39.84㎡
デラックスコーナーキング 39.84㎡
タワーサイド デラックスキング 46.07㎡
サウスサイドデラックスキング 46.07㎡
デラックスキング 46.07㎡
タワーサイド デラックスツイン 46.07㎡
タワーサイド デラックスツイン(エアウィーヴフロア) 46.07㎡
サウスサイド デラックスツイン 46.07㎡
サウスサイド デラックスツイン(エアウィーヴフロア) 46.07㎡
デラックスツイン 46.07㎡
タワーサイド デラックスツイン(3名) 46.07㎡
サウスサイド デラックスツイン(3名) 46.07㎡
デラックスツイン(3名) 46.07㎡

そのため今回は予約の時点から部屋のアップグレードは期待することなくチェックインしました。

結果は予想どおり部屋のアップグレードはありませんでした。

しかし2度目の宿泊では最上階のタワーサイドデラックスキングにアップグレードしてもらえました。階が上がっただけで部屋のタイプは同じなのですがホテルの人がアップグレードしましたと言っていたのでアップグレードなのでしょう。

レイトチェックアウトはどちらの滞在でも16時まで可能でしたが残念ながら翌日は朝から仕事だったので午前8時前にはチェックアウトせざるを得ませんでした。

東京タワーを眺めてくつろげる部屋「タワーサイドデラックスキング」

エレベーターはカードキーをかざして乗るタイプとなっていて、エレベーターを降り部屋へと向かう廊下も落ち着きが感じられます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 最上階 ザ・プリンスさくらタワー東京

部屋のドアを開けてみると中に入ることなく広い部屋であることがわかりました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 タワーサイドデラックス

46.07㎡もあるのでキングサイズのベッドが置かれていても広々としています。

ザ・プリンスさくらタワー東京 ベッドルーム ザ・プリンスさくらタワー東京 ソファ

ホテル名にちなんで絨毯は桜模様でいい雰囲気でした。

ザ・プリンスさくらタワー東京 タワーサイドデラックス

ベッドの上にはウェルカムギフトのチョコと明日の天気が書かれた用紙が置いてありました。気が利く素敵なサービスだと思いましたが残念ながら2度目の滞在時にはありませんでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京

ベッドの脇には布が敷いてありその上には袋が置いてありました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 スリッパ

袋を開けてみるとなんと部屋のスリッパでした。スリッパを地べたではなく布の上に置いてあるなんて過剰なおもてなしのような気がしないでもないですが、宿泊者をもてなそうという気持ちが表れているのだと感心しました。が、こちらも2度目の宿泊では無くなっていました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 スリッパ

冷蔵庫にはアルコール類やソフトドリンクがたくさん入れてありましたが、こちらは無料ではなく有料となっています。

ザ・プリンスさくらタワー東京 冷蔵庫

さらに陸マイラーならみんな持っていると言っても過言ではないネスカフェドルチェグストも置いてありました。ちなみに最上階に宿泊したときはドルチェグストではなくイリーのコーヒーシステムでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京 ドルチェグスト ザ・プリンスさくらタワー東京 コーヒー ザ・プリンスさくらタワー東京 コーヒー

タワーサイドデラックスのバスルーム

次はタワーサイドデラックスのバスルームです。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープといったアメニティはペリカン石鹸です。

ザ・プリンスさくらタワー東京 アメニティ ザ・プリンスさくらタワー東京 アメニティ

洗面台はこんな感じで広々としています。

ザ・プリンスさくらタワー東京 洗面台

ドライヤーはパナソニックのナノケアでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京 ドライヤー

お風呂はバブルバスになっているので疲れを癒やすことができてありがたかったです。

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション バスルーム

下の写真の右側に少しだけ写っていますが浴槽とは別にシャワールームもありました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 シャワールーム

お待ちかねの東京タワービュー

予約した部屋はタワーサイドデラックスなので部屋からは東京タワーを見ることができます。

部屋のカーテンを開けると窓の向こうにはしっかりと東京タワーが見えていました。ちなみにこの写真は最上階の部屋ではありませんが、最上階からの景色もさほど変わりはありませんでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京 タワーサイドデラックス

灯りを少し落としてみるといい感じの展望になりました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 タワーサイドデラックス

窓からは貴賓館(旧竹田宮邸)を見下ろすこともできました。右下にある建物が貴賓館です。

ザ・プリンスさくらタワー東京 東京タワー夜景

夜景だけでなく朝の風景も最高でした。東京タワーが見える部屋で目を覚まして出勤なんて自分がエリートになったように錯覚させてくれます。

ザ・プリンスさくらタワー東京 夜明け ザ・プリンスさくらタワー東京 夜明け

今の季節なら日本庭園でお花見がおすすめ

今回は東京タワーを眺めてくつろぐことができるタワーサイドデラックスという素敵な部屋に宿泊することができましたが、ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションには他にも素晴らしい施設があります。

そのひとつが日本庭園です。ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションには都心のど真ん中に位置しているにもかかわらず広大な日本庭園があります。

庭園はザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクション、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪の3つのホテルに囲まれており約20,000㎡におよぶのだそうです。

庭園内には四季折々の表情を見せる花木や池などの自然や、歴史的・美術的にも由緒ある史跡が点在しており、隠れた桜の名所としても知られているそうです。

今回の宿泊は2回とも平日だったので夜にチェックインして翌朝は出勤しなければならなかったので明るい時間に日本庭園を歩いてみることはできませんでした。

夜にホテルの周りを少しだけ歩いてみました。桜はまだ開花していませんが確かに桜が咲くと物凄く綺麗でしょうね。

ザ・プリンスさくらタワー東京 さくら祭

もう少し時期をずらして宿泊できればよかったのですが仕方ないですね。

ザ・プリンスさくらタワー東京 さくら祭

今回は2回とも十分な時間も取れない状態での滞在でしたが、それでもザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションはまた泊まりたいと思わせてくれる素敵なホテルでした。

エグゼクティブラウンジで無料の朝食を頂いてきましたがそちらも文句なしでした。

ザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションのエグゼクティブラウンジでの無料朝食ビュッフェレポート

 

次は家族でゆっくりと宿泊したいと思いさっそく次回の予約をしておきました。

次回の宿泊はプラチナチャレンジではないのでポイント無料宿泊で予約しました。また、次回はプラチナ会員として宿泊することになるので、どのような恩恵を受けることができるのか今から楽しみです。

スイートにアップグレードしてもらえるといいな。

マリオットグループのホテルに泊まるならポイントサイト経由の予約がおすすめ

マリオットグループのホテルを予約する際に公式サイトに直接アクセスして予約すると少しだけ損をしてしまいます。

ポイントサイトを経由して公式サイトにアクセスするとポイントサイトのポイントも貯まり、貯まったポイントは現金やマイルに交換することができます。

貯まるポイントは日々変動していますが、ポイントインカムハピタスでは宿泊料金の4.8%がポイントとして付与されることが多いです。

20,000円の宿泊料金であれば960円分のポイントになります。1回あたりのポイントは決して大きくはありませんが、プラチナチャレンジのように何度も宿泊するとなると結構なポイントになりますので必ずポイントサイトを経由して予約するようにしましょう。

マリオットグループのホテルに泊まるならSPGアメックスがおすすめ

現在人気爆発中のクレジットカード『SPGアメックス』を発行するだけでマリオットのゴールドエリートメンバーになることができ様々な特典を受けることができます。

現在、紹介キャンペーンでSPGアメックスを発行すると17,000ポイントが付与されて、今回のザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションにも無料で宿泊することも可能となります。

この紹介キャンペーンですが、2018年4月11日までとなっていますので興味がある方はお早目に問い合わせフォームからご連絡ください。

お問合わせは個人情報は不要ですのでニックネームなどで結構です。

また、住所、年収、勤務先などアメックスに申込む際に必要となる情報や審査結果などもこちらでは一切把握することはできませんのでご安心ください。

24時間以内にこちらから返信がない場合はメールアドレスに誤りがある可能性がありますので再度お問合わせください。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行ができる
1年間に20万ANAマイル以上貯める方法

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで12,000スターポイント

12,000スターポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。