憧れのザ・リッツ・カールトン東京に宿泊!プラチナステータスによってスイートルームへのアップグレードなるか

憧れのザ・リッツ・カールトン東京に宿泊

 

『ザ・リッツ・カールトン東京』といえばホテルに興味が無い人でも一度は聞いたことがある高級ホテルですが、念願かなって遂に『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊することができました。

マリオットのプラチナチャレンジによってプラチナエリートになってからはじめて宿泊するマリオットグループのホテルが、憧れの『ザ・リッツ・カールトン東京』だったので感無量です。

『ザ・リッツ・カールトン東京』の基本情報

『ザ・リッツ・カールトン東京』は、東京・六本木の複合施設「東京ミッドタウン」にある高さ248メートルの超高層ビル「ミッドタウン・タワー」にあります。このミッドタウン・タワーの45階から53階を専有する贅沢なロケーションです。

『ザ・リッツ・カールトン東京』は東京一の高さを誇る地上200メートルからのパノラマビューに加えて、全客室が52平方メートル以上という贅沢な空間を味わうことができる設計となっています。

ザ・リッツ・カールトン東京の基本情報
  • 名称:ザ・リッツ・カールトン東京
  • 所在地:東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
  • 客室数:245室
  • チェックイン時間:午後3時
  • チェックアウト時間:正午12時

ザ・リッツ・カールトン東京へのアクセス

『ザ・リッツ・カールトン東京』へのアクセスは、電車を利用する場合、都営大江戸線もしくは日比谷線の「六本木駅」より直結、もしくは千代田線「乃木坂駅」より徒歩3分となっています。

ちなみに電車でのアクセス以外にも羽田空港や成田空港からホテル特別仕様のロールス・ロイス ファントムやBMW 7シリーズによる送迎サービスも行っています。ロールス・ロイス ファントムによる成田空港送迎で片道70,000円だそうですので色々と余裕のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ザ・リッツ・カールトンはマリオットグループでもホテルリワードは共通ではないので注意

”ザ・リッツ・カールトン”は世界最大のホテルグループであるマリオットグループに属しており、マリオットグループの中でもラグジュアリーなブランドとなっています。

そんな「ザ・リッツ・カールトン」の中でも「ザ・リッツ・カールトン東京」は最上位グレードである「ティア5」に位置づけられています。2018年8月以降はマリオット、SPG、ザ・リッツ・カールトンのプログラムが統合されてホテルカテゴリーが変更となりますが、統合後のカテゴリーでも『ザ・リッツ・カールトン東京』は最上位カテゴリーである「カテゴリー8」となります。
マリオットとSPGプログラム統合後のホテルカテゴリーがついに発表!ポイント無料宿泊で狙い目なホテルは?

マリオットグループのホテルに宿泊する場合、ゴールド会員以上であれば特典としてラウンジを利用することができますが、「ザ・リッツ・カールトン」の場合は例えプラチナ会員であってもクラブレベル(フロア)に宿泊しない限りラウンジを利用することはできないので注意しましょう。

ちなみにクラブレベルのルームタイプは以下のようになっています。

  • ザ・リッツ・カールトンスイート
  • プレジデンシャルスイート
  • クラブカールトンスイート
  • クラブタワースイート
  • クラブミレニアスイート
  • クラブエグゼクティブスイート
  • モダンジャパニーズスイート
  • クラブタワーデラックスルーム
  • クラブデラックスルーム

ちなみにこの中でも最も広いザ・リッツ・カールトンスイートは307平方メートルもあり、1泊の正規宿泊料金は200万円の超えるのだとか。恐ろしいです。

また、クラブレベル宿泊者が利用できるサービスは以下のとおりとなっています。

  • クラブラウンジのご利用(午前7時~午後10時)
  • 専任のクラブ・コンシェルジュ
  • パーソナルチェックイン、チェックアウト
  • ザ・リッツ・カールトン東京クラブレベル オリジナル シーズナルウェルカムドリンク
  • クラブラウンジ内で1日5回の軽食とドリンク
  • ザ・リッツ・カールトン 東京のソムリエが厳選したワインやシャンパーニュ
  • クラブラウンジ内でのインターネット利用無料
  • 客室でのインターネット利用無料
  • コピー、プリントアウト、FAX(国内のみ) 合計20枚まで無料サービス(1滞在につき)
  • 客室から東京都23区内03エリアへの通話無料
  • ネスプレッソのコーヒーメーカー
  • お荷物の開梱、梱包のお手伝い
  • 靴磨き無料サービス
  • 「ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネス」(46階)優待券
  • プレス無料サービス
  • デパーチャーギフト
  • ロブスターオムレツ:毎週土曜日 朝食時限定

クラブフロアに宿泊することによって朝食無料とラウンジアクセスの特典がつくことがわかります。

憧れの『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊

今回は家族揃って『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊しました。

高級ホテルである『ザ・リッツ・カールトン東京』の宿泊料金は最も安い部屋でも1泊6万円ほどと、庶民がおいそれと泊まれるような金額ではないのでマリオットリワードポイントを利用しての無料宿泊です。ポイントは一番安い部屋で70,000ポイント必要ですがSPGのスターポイントで換算すると23,333ポイントです。

クラブラウンジを利用したい場合はマリオットのサポートデスクに電話をすれば20,000ポイントの追加でクラブレベルにアップしてもらうことができます。(直接ホテルに電話をした方が早いかもしれません)

ザ・リッツ・カールトンでラウンジを利用したい場合ザ・リッツ・カールトンではゴールド会員やプラチナ会員であってもクラブラウンジの特典は付きませんが、20,000ポイントを追加してクラブレベルに宿泊することでラウンジを利用できるようになります。

これによって合計90,000ポイントで『ザ・リッツ・カールトン東京』のクラブレベルに宿泊してクラブラウンジを利用することができるようになりました。

ポイントを利用せずにクラブレベルに宿泊しようとするとサービス料・税別で1泊8万円を超えていました。こんな高価な部屋に宿泊できるなんて夢のようです。

ザ・リッツ・カールトン東京の宿泊料金

スイートルームへの期待が膨らむ

今回『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊する前にプラチナチャレンジによってプラチナエリートになっているため、客室のアップグレードではスイートルームも対象となります。

クラブレベルへの宿泊に変更してもらうためにマリオットのプラチナデスクに電話をするとクラブレベルに空きがないか確認して折返し連絡を貰えるとのことで、しばらくすると『ザ・リッツ・カールトン東京』の担当者から連絡がありました。

その際にプラチナ会員なのでスイートルームも対象となりますし平日の宿泊なのでスイートも空いていると思いますとのお言葉をいただき俄然スイートルームへの期待が高まりました。

『ザ・リッツ・カールトン東京』のスイートルームの中でもモダンジャパニーズスイートは畳なので赤ちゃんが転んでも痛くなさそうだしベッドも低そうなのでいいね、とスイートルームにアップグレードされることを前提に妻と勝手に妄想を膨らませていました。

ザ・リッツ・カールトン東京のモダンジャパニーズスイートザ・リッツ・カールトン東京のモダンジャパニーズスイート

いざ『ザ・リッツ・カールトン東京』にチェックイン

宿泊日当日はスイートルームへの期待に胸を膨らませて『ザ・リッツ・カールトン東京』へと向かいました。

東京ミッドタウンのガレリア1階に『ザ・リッツ・カールトン東京』の入り口があり、ザ・リッツ・カールトンカフェ&デリも併設されています。

ザ・リッツ・カールトン東京のエントランス

入り口からさらに奥へと進み『ザ・リッツ・カールトン東京』のロビーへと向かいます。

ザ・リッツ・カールトン東京の廊下ザ・リッツ・カールトン東京の入り口

エレベーターはメインロビーがある45階まで直通のため他の階には止まりません。

45階に着くとメインロビーは少し混雑していましたがスタッフの方が声をかけてくれたのでクラブレベルへの宿泊だと伝えて最上階53階にあるクラブラウンジまでアテンドしてもらいました。

ザ・リッツ・カールトン東京45階

クラブフロア宿泊者は45階のメインロビーだけでなく53階のクラブラウンジ内の「ガーデンテラス」でもチェックイン手続きをしてもらえます。その際、冷えた抹茶を頂いたのですがこれがとても美味しかったです。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブラウンジ

スイートルームへのアップグレードなるか

抹茶をいただきながらチェックインの手続きをした際に、予約したクラブデラックスの部屋だとすぐに案内可能だがアップグレードする部屋はまだ案内できないとの説明を受けました。

どうやらアップグレードはしてもらえるようですがまだどの部屋かわかりません。

すると「東京タワーが見えるお部屋にアップグレードしておきました。」と言われました。東京タワーが見える部屋といえば「クラブタワー スイート」か「クラブタワー デラックス」ですがスイートかそうでないかで雲泥の差です。

もう一度クラブレベルの客室タイプを載せておきますが「クラブタワー スイート」か「クラブタワー デラックス」かでアップグレード度合いがまったく違ってきます。

  • ザ・リッツ・カールトンスイート
  • プレジデンシャルスイート
  • クラブカールトンスイート
  • クラブタワースイート(←ここ?)
  • クラブミレニアスイート
  • クラブエグゼクティブスイート
  • モダンジャパニーズスイート
  • クラブタワーデラックスルーム(←ここ?)
  • クラブデラックスルーム(←予約した部屋)

しかしスイートルームだと言わないあたり残念ながら「クラブタワー デラックス」なのだろうと悟りました。

「お部屋からは東京タワーがとてもキレイに見えますし今日は晴れているので喜んでいただけると思います。」と言われても死んだ魚のような目をしたままでうなづくのが精一杯でした。

ただ、記念日に『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊した際、スイートルームにアップグレードしてくれていたけれどスタッフが宿泊者を驚かせるためにわざとスイートルームであることを伝えなかったという記事をどこかのブログで読んだことを思い出しました。

実はクラブレベルに変更してもらう電話をした際に今回の宿泊が記念日にあたることをさりげなく伝えておいたので、今回もスイートルームへのサプライズアップグレードがあるかもしれないと、僅かな希望を胸に部屋へと向かいました。

ザ・リッツ・カールトン東京53階の廊下

案内されたのはクラブラウンジと同じく最上階53階の部屋です。

最上階なのでやはりスイートルームなのかもしれないとドキドキしました。

しかし結果は「クラブタワーデラックス」でした。

宿泊前に公式サイトで客室を検索してもスイートルームに空きが無かったので実はわかっていたことなのですが、残念ながらプラチナ会員としての最初の宿泊ではスイートルームにアップグレードしてもらうことはできませんでした。

『ザ・リッツ・カールトン東京』の「クラブタワーデラックス」を公開

あいにくスイートルームへのアップグレードとはいきませんでしたが今回宿泊した「クラブタワーデラックス」の客室をご紹介したいと思います。

「クラブタワーデラックス」は52階・53階に位置しており、東京タワーだけでなく、レインボーブリッジやお台場などの東京ベイエリア、さらに横浜方面まで東京屈指の眺望を楽しむことができます。窓の端からは東京スカイツリーも見ることができました。

「クラブタワーデラックス」に限らずクラブレベルの客室階にアクセスするには専用キーが必要となります。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブラウンジのアクセスキー

部屋の広さは52平方メートルでキングサイズのベッドが置いてあります。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブルームのベッドザ・リッツ・カールトン東京クラブルームのキングベッド

ベッドの横にはデスクもありますので『ザ・リッツ・カールトン東京』にきてまで仕事をしたいという人はどうぞここで心ゆくまで仕事に没頭してください。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブルームのデスクザ・リッツ・カールトン東京のベッド

窓際にはソファーが置いてあり外には東京タワーが見えます。写真では小さく見えますが実際にはもっと大きく見えました。

ザ・リッツ・カールトン東京クラブルームのソファ

クローゼットを開けてみますが中は至って普通でした。

ザ・リッツ・カールトン東京のクローゼット

引き出しを開けると部屋着の他にも靴磨きやランドリーバッグが入っており、セキュリティボックスも置いてありました。

また、ネスプレッソやミネラルウォーターも置かれています。

ザ・リッツ・カールトン東京のネスプレッソ

冷蔵庫の中にはアルコールを含めドリンクが所狭しと並べられていましたがこれらは有料になります。

ザ・リッツ・カールトン東京の冷蔵庫

エビアン(ミネラルウォーター)やコカ・コーラが1本900円、フルーツジュースが1本1,200円とさすがのリッツカールトンプライスです。

「クラブタワーデラックス」のバスルーム

バスルームはとても広々としていて6畳ほどの空間となっています。

洗面台は2つあるので夫婦やカップルで宿泊する場合でも順番待ちすることなく仲良く一緒に使うことができます。

ザ・リッツ・カールトン東京のバスルーム

そしてザ・リッツ・カールトンではジャンプー・コンディショナー・ボディーローションなどのアメニティは英国王室御用達の高級ブランド「アスプレイ」が使われています。

ザ・リッツ・カールトン東京のアメニティはアスプレイ

歯ブラシやヘアブラシなどもひとつひとつザ・リッツ・カールトンのロゴが付いた箱に入れられており細かいところも手を抜くことなく高級感が溢れていました。

ザ・リッツ・カールトン東京のアメニティ

洗面台と洗面台の間にあるドアを開けるとシャワールームとなっています。

ザ・リッツ・カールトン東京のシャワールーム

シャワールームだけでなくバスタブもあります。

ザ・リッツ・カールトン東京のバス

洗面台とバスタブの間はトイレになっていました。

ザ・リッツ・カールトン東京バスルーム

バスルームにはテレビも配置されているのでバスタブに浸かりながらゆっくりテレビを観ることも可能です。

「クラブタワーデラックス」から見る東京タワー

タワーデラックスという名の通り部屋からは東京タワーを間近に眺めることができました。

日が沈みはじめ月が東京タワーの後ろに顔を見せたときに「クラブタワーデラックス」から見た景色は本当に綺麗でした。

ザ・リッツ・カールトン東京からの東京タワー

そして圧巻だったのは夜です。窓の外にはこれこそトーキョーと言わんばかりの夜景が広がっていました。長年東京で暮らしていても東京タワーが見える夜景は今でも綺麗だと思えますしいつまでも眺めていられます。

ザ・リッツ・カールトン東京53階からの東京タワー夜景

プラチナチャレンジのさなかに泊まった『ザ・プリンスさくらタワー、オートグラフセレクション』の「タワーサイド デラックスキング」も素敵でしたが、『ザ・リッツ・カールトン東京』の方が東京タワーに近いこともあって迫力がありました。
マリオットプラチナチャレンジでザ・プリンスさくらタワー東京オートグラフコレクションに宿泊!東京タワーが見える部屋は控え目に言っても最高でした

『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊した感想

プラチナチャレンジを終えてプラチナ会員になったら最初に宿泊しようと決めていた『ザ・リッツ・カールトン東京』にとうとう宿泊することができました。

さすがは『ザ・リッツ・カールトン東京』、細かなところまで高級感に溢れているだけでなくスタッフの方の気遣いやおもてなしもとても気持ちの良いものでした。

残念ながら今回はスイートルームへのアップグレードとはいきませんでしたが、 それでも記念日に見合った贅沢なひとときを味わうことができました。

クラブラウンジでは朝食ビュッフェやアフタヌーンティーを堪能してきました。
ザ・リッツ・カールトン東京のクラブラウンジレポート!アフタヌーンティーや朝食ビュッフェを楽しんできました

超が付くほどの高級ホテルなので余程の記念日でもない限りお金を払って宿泊するのは躊躇してしまいます。僕はポイントを使っての無料宿泊でしたが、もしもSPGアメックスを持っていなかったら『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊することは一生無かっただろうなと思います。

陸マイラーとしてマイルを貯めはじめたことでファーストクラスに乗ることができたのと同じように、SPGアメックスでポイントを貯めたことで『ザ・リッツ・カールトン東京』に宿泊することができました。ほんの数年前まではファーストクラスも高級ホテルも自分には無縁だと思っていたので驚きです。

マリオットとSPGのプログラムが統合される2018年8月以降、SPGアメックスのステータスマッチによるゴールド会員は朝食無料やラウンジアクセスの特典を受けられないことが濃厚となっておりSPGアメックスを解約したという声もきこえてきます。これらの特典が受けられなくなるため残念なことは確かなのですが、それを差し引いてもまだSPGアメックスは十分に魅力的なクレジットカードだと思います。
SPGアメックス紹介キャンペーンは12,000ポイントが貰える!高級ホテルに無料で泊まれるSPGアメックスのメリットを解説!

現在SPGアメックスを発行して3ヶ月以内に10万円の利用で12,000ポイント貰える紹介キャンペーンが実施されています。ご希望の方には当ブログからもご紹介可能ですのでお気軽にご連絡ください。

お名前は仮名やニックネームで結構です。また、個人情報や審査結果などの情報はこちらには一切伝わることはありませんのでご安心ください。

お問い合わせから24時間以内の返信を心がけておりますが、万が一返信がない場合はお手数ですがメールアドレスをご確認の上で再度お問い合わせください。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中

マイルを貯めて無料で旅行をする方法をお教えします
ビジネスクラスに乗って海外旅行ができる!爆発的にANAマイルを貯める裏技

ファーストクラスやビジネスクラスで海外旅行なんて夢のまた夢だと思っていませんか?上手にマイルを貯めれば200万円のファーストクラスに乗ることだって可能になります。

旅行好きな人に大人気のクレジットカード
SPGアメックスの紹介キャンペーンで36,000ポイント

36,000ポイント獲得できるお得なキャンペーン。SPGアメックスがあれば高級ホテルに無料で宿泊したりマイルに変えたりと、いつもより少し贅沢な旅行ができます。


ABOUTこの記事をかいた人

ひとり旅が大好きな社会人陸マイラーです。去年はANAで約35万マイル貯めてSFCも取得しました。 貯めたマイルを使って国内外を旅して楽しんでますが可愛い可愛い子供が産まれたので頻繁に旅行できないという贅沢な悩みを抱えています。